おすすめネットバンク
おすすめ証券会社
ソニー銀行
積立預金や定期預金など、これから貯金を始めるのに最適な銀行。セブン銀行ATMの手数料無料
マネックス証券
投資初心者におすすめ!貸株、投資情報ツールなどのサービスも魅力的。投信や外国株も○

2017年1月より加入者要件が拡大。節税効果が高い個人型確定拠出年金(iDeCo)

厳選証券会社ランキング ベスト3(根拠・詳細については「ランキングページ」)
マネックス証券 資産管理ツールが魅力。投資初心者にもお勧めのネット証券
SBI証券 総合ネット証券として優れる。投資信託への投資などにもオススメ
ライブスター証券 口座開設から2ヶ月間は取引手数料無料。コスト重視の方にお勧め

SBI証券-最大手ネット証券。バランス力No1-

いわゆる大手ネット証券の一角。ネット証券の中でも最多の口座数を誇るネット証券です。

全体的なバランスに優れた証券会社で、特に投資初心者の方で投資を勉強しながら始めてみたいという方に特におすすめ。
手数料以外の面でも、アナリストレポート、貸株サービス、豊富な投資商品、使いやすいトレードツールなど充実しています。取扱商品にしてもリスクの低い債券・投資信託からハイリスクのFXまで取り扱っています。

特にアナリストレポートは「モーニングスター」のレポート情報が閲覧できるようになっており、これを口座開設した人は無料で利用することができます。

この他にも「貸株サービス(保有株を証券会社にレンタルして貸し株料をもらえる)」や「投信マイレージ(投資信託の保有残高に応じてポイントがもらえる)」など、他のネット証券、大手証券にはないサービスも提供しています。

どの証券会社に口座を作ろうか迷った時は、SBI証券の選んでおけば間違いはありません。

 

SBI証券の概要

SBI証券は多くの投資家から支持されているネット証券最大手です。口座数は全ネット証券でNo1で幅広い情報サービス、投資商品の種類、良心的な取引コスト(手数料)でオンライントレードサービスを提供しています。

手数料面でいえばほぼ最安値水準で提供しており、HyperSBIといったパソコン向けトレードツール、最新のスマートフォンにも対応した「HYPER株」など株式投資をサポートするサービスも充実ています。

さらに、相場が閉まっている夜間などに株取引ができる「PTS取引サービス」、保有する現物株をSBI証券に預けることでレンタル料(貸株料)がもらえる「貸株サービス」といったように他の証券会社にはない独自のサービスも多数打ち出しています。

投資初心者のかたから上級者の方まできっと満足いただけるネット証券です。

 

SBI証券公式ホームページ

 

SBI証券の手数料体系

都度手数料
〜50万円
〜100万円
〜150万円
〜300万円

現物取引

272円
487円
582円
921円

信用取引

191円
360円
360円
360円

PTS取引

259円
462円
553円
876円
定額手数料
〜100万円
〜200万円
〜400万円
〜600万円

現物取引

762円
1162円
1962円
2762円

信用取引

477円
877円
1677円
2477円
一月定額手数料

なし

口座維持手数料

無料

振込手数料

無料(ただし、銀行振込の場合は顧客負担となります)

引出手数料

無料

SBI証券では、PTS(私設取引システム)を使った市場外取引・夜間取引が可能となっております。

なお、上記手数料は2015年10月2日調査時点の情報を掲載しております。手数料表記は「税抜」となっております。ご注意ください。
各証券会社において改定等の対応が行われている場合がありますので、最新の情報は公式ホームページ等で必ずご確認いただきますようお願いいたします。

 

SBI証券の評価・使い勝手

お勧め度:★★★★★

バランス度ではNo1といえるネット証券です。ログインしてからの操作性も高く、株式のトレードツールも用意されています。手数料も安く、商品も充実、サービスも優れると三拍子そろったネット証券です。

個人投資家から人気の高いIPOでも魅力的です。
SBI証券はネット証券の中でも最多の引き受け数を誇っており、ネット証券経由でIPOの申し込みをするというのであれば外すことはできません。

どの証券会社に口座を持とうか悩んでいるのであればSBI証券を選んで間違いありません。

 

SBI証券独自のおすすめサービス

PTS取引・夜間取引
SBI証券では、SBIジャパンネクスト証券の夜間取引サービスを提供しています。同夜間取引は昼間の取引と同じように株価が変動するタイプの夜間取引となっており、昼間の仕事が忙しいサラリーマンの方でも株取引が可能となっています。引け後に材料がでた株なども取引できるので万が一の時にも対処できる場合があるというのは魅力の一つと言えるでしょう。

貸株サービス
SBI証券では、貸株サービスを行っています。貸株サービスとは保有している現物株式をSBI証券に貸すことでその対価として年間で0.5〜1.0%の金利収入を得ることができるサービスです。株取引をしない人でも株券をSBI証券に預けておくだけで収入を得ることができるという画期的なサービスです。

IPOチャレンジポイント
SBI証券はネット証券の中でもIPOの取り扱いが非常に強いネット証券となっています。幹事証券となる件数も多く、IPO投資家には必須ともいえます。このSBI証券が実施しているIPOに関するポイント制度がIPOチャレンジポイントです。利用すればするほどIPO当選確率がアップします。

・投信マイレージサービス
投資信託の保有残高の0.1〜0.2%がポイントとしてもらえるサービス。貯めたポイントは1P1円として利用可能です。投資信託の「保有」だけでポイントがもらえるのはかなり魅力的。投資信託で資産運用を考えている方は、これだけでも他証券よりも魅力的といえます。

・住信SBIネット銀行提携サービス
SBI証券では、同SBIグループのネットバンク「住信SBIネット銀行」と提携しており、同行の預金口座と株式買い付け代金の口座を一緒にしてしまうハイブリッド預金などのサービスを提供しています。

 

SBI証券公式ホームページ

 

株式投資に有利な証券会社を徹底比較

株式投資のパートナーである証券会社は自分の投資スタイルや目的にあった証券会社を選びましょう。

証券会社比較ランキング
資産運用に必須の証券会社。ネット証券を中心に役立つ証券会社を徹底比較・ランキング。

マネックス証券・・・(総合力が高い。各種金融サポートサービスも充実)
SBI証券・・・(ネット証券最大手。手数料、サービス、商品まで充実)
楽天証券・・・(トレードツールが秀逸。短期トレード主体の方におすすめ)

 

 

 

証券会社比較ランキング
人気の証券会社を手数料や取り扱い商品、サービスなどで徹底的に比較・ランキング

マネックス証券
投資初心者〜上級者まで幅広く使えるネット証券。
使い勝手も良く、サービス面も充実。
>>マネックス証券詳細

ライブスター証券
株式売買手数料業界最安水準のネット証券。口座開設から2カ月はすべての取引手数料が無料
>>ライブスター証券詳細

楽天証券
超割コースの開始で手数料引き下げ。信用取引のデイトレコース「いちにち信用取引」も開始。
>>楽天証券詳細情報

証券会社の選び方
証券会社手数料比較
証券会社サービス比較
証券会社取扱商品比較
目的別 おすすめ証券会社の選び方
証券会社一覧
投資ガイドカテゴリー
投資ガイド人気コンテンツ


当サイトについて
マネーナビ人気コンテンツ
お問い合わせ・運営情報
その他・リンク