株式の短期売買(デイトレード・スキャル)などを中心に株式投資をしたいという方にとって重要な証券会社選びのポイントで大切なのは「手数料の安さ」と「トレードツール」の二つが挙げられます。

特にデイトレードでは取引回数が多くなることから取引手数料も大きくなります。1回当たり100円の違いでも1日に20回の取引をつすとすれば、年間に50万円近い手数料の差が生まれる計算となります(1日20回、月20営業日と仮定)。

ですから、株の短期売買を考えているのであれば、まずは手数料に最もこだわりましょう。

 

次に考えたい「トレードツール」ですが、これは相性というか自分に合う合わないというのもありますので、いくつか候補となる証券会社に口座を作ってみて、実際のトレードなどを通じて使いやすいかどうかを試してみましょう。