おすすめネットバンク
おすすめ証券会社
あおぞら銀行
普通預金金利が好金利。貯金用銀行として最適!
SMBC日興証券
日興フロッギーで100円から株が買える。投資入門に最適な証券会社

厳選証券会社ランキング ベスト3
1位:マネックス証券
お勧めのネット証券、米国株投資にも強く、使いやすい
2位:SBI証券
ネット証券口座数No1。商品、サービス、手数料などバランス良好
3位:SMBC日興証券
100円単位の小額投資、株主優待投資にも強い

SMBC日興証券

SMBC日興証券は日本3大証券の一つです。

ネット証券(オンライン専用口座・ダイレクトコース)に力を入れており、株取引の手数料水準もネット証券並みとまでは言いませんが、かなり抑えてきています。

最近ではブログメディアのフロッギーと連携した株取引サービス(日興フロッギー)、キンカブという金額指定の株式取引などのサービスを提供しており、ネット証券にもないような投資初心者にもうれしいサービスを展開しています。

2020年3月にはdポイント(ドコモ)との連携も発表しており、サービスの利用でdポイントが貯まったり、dポイントを使って投資をすることも可能になりました。dポイントはポイント交換での増量キャンペーンなどポイントを結構ためやすいのでポイ活をして資産運用するといった運用にも適しています。

親権者等の同意があれば未成年者でも口座開設が可能です。小額からの株投資の良い経験になると思います。

また、投資経験者の方向けにも、信用取引関連のサービスが充実していることが大きなメリットです。オンライン取引専用口座なら取引手数料がなんと無料となっており、信用取引で積極的な売買をする人にすぐれた証券会社となっています。

大手ネット証券の中では個人投資家にかなり寄り添っていると思います。私も活用している証券会社の一つです。

 

SMBC日興証券の手数料体系

都度手数料
〜50万円
〜100万円
〜150万円
〜300万円

現物取引

440円
880円
1650円
2200円

信用取引

無料
口座維持手数料

無料

振込手数料

無料

引出手数料

無料

最大の特徴は信用取引の手数料が無料だということ。

さらに、国内株の手数料も格安のネット証券と比較すると最安値とは言えませんが、大手の総合証券と比較するとかなり割安感があります。

 

SMBC日興証券の評価・使い勝手

お勧め度:★★★★★

SMBC日興証券のダイレクトコース(オンライン取引コース)がおすすめです。特にSMBC日興証券は「IPO」と「信用取引」に特に強みがあります。

また、100円単位からの金額単位の株投資も行えるようになっており、投資経験や体験をしたい方にもおすすめです。また、2020年にはドコモと提携して「dポイント」を使った投資も可能になりました。

 

IPO株の当選確率を挙げるなら外せない証券会社

他社と比較してかなり多くのIPOを扱っています。また、総合証券の強みとしてIPOの引き受けでも主幹事を務めることも多く、抑えておきたい証券会社であるといえます。

参考記事:IPO取引(新規公開株)で証券会社比較

 

信用取引は売買手数料が無条件に無料

これは素直にすごいと思います。ネット証券でもSBIネオトレード証券などが一定額以上の売買の場合は手数料無料としていますが、SMBC日興証券の場合は「無条件で無料」となっています。

 

金額指定で株が買える「キンカブ」と「日興フロッギー」

SMBC日興証券が始めたオリジナルの株取引サービスが「キンガブ」です。通常の株取引は「株数単位」で取引をしますが、SMBC日興証券のキンカブというサービスを利用すれば、1銘柄につき100円単位で株を売買することができます。

たとえば、任天堂(7974)の株は30430円×100株(2019//26)=304万円が最低取引単位となっています。でも、この任天堂株でも100円単位で売買できるようになっています。

購入後は「小数点単位」で株式が管理されます。配当金も割合に応じて受け取ることができます。手数料は購入時(100万円未満)は無料、売却時の手数料は0.5%とさほど高くありません。コツコツと株の積立投資が可能になりますね。

小額で投資ができるのでコツコツと優待株(株主優待)を買い付けていくみたいなスタイルにもあっています。後述するdポイントを使って株を買うこともできるので、ポイ活との相性も抜群に良いです。

>>キンカブの特徴とメリット、デメリット

 

dポイントを使ったポイント投資も可能

SMBC日興証券では、「日興フロッギー」と呼ばれる自社メディアと連携し、ブログで株を買えるというサービスも提供してます。100円単位で株の購入が可能な上、ドコモの「dポイント」を使ってポイント投資をすることもできるようになりました。

dポイントは各種ポイントサービスの中でもポイントキャンペーンなどが豊富でためやすいので、決済やキャンペーンで貯めたポイントをうまく利用してポイント投資ができます。なお、フロッギーのサイトで記事を読むだけでもdポイントがたまるので、サイトでコツコツ記事を読んで、ポンとを貯めて株を買うということもできます。

 

一般信用で優待クロスにも強い

株主優待と信用取引を組み合わせた優待クロスにも強みがあります。
逆日歩リスクのない、一般信用取引での空売りが可能ですし、大手証券だからこその株在庫がありますので、空売りも活用しやすいです。

SMBC日興証券
SMBC日興証券公式ホームページ

 

株式投資に有利な証券会社を徹底比較

株式投資のパートナーである証券会社は自分の投資スタイルや目的にあった証券会社を選びましょう。

証券会社比較ランキング
資産運用に必須の証券会社。ネット証券を中心に役立つ証券会社を徹底比較・ランキング。

<目的別おすすめの証券会社>

・外国株投資がやりたい
マネックス証券(米国株に強い)

・投資信託投資がやりたい
楽天証券(ポイント還元がお得)

・国内株/IPO投資に興味
SBI証券(総合ネット証券として最適)

・株主優待投資がしたい
SMBC日興証券(100円からの積立や優待クロス)

 

 

 

証券会社比較ランキング
人気の証券会社を手数料や取り扱い商品、サービスなどで徹底的に比較・ランキング

SBIネオトレード証券
株式売買手数料業界最安水準のネット証券。
>>SBIネオトレード証券詳細

楽天証券
超割コースの開始で手数料引き下げ。信用取引のデイトレコース「いちにち信用取引」も開始。
>>楽天証券詳細情報

証券会社の選び方
証券会社手数料比較
証券会社サービス比較
証券会社取扱商品比較
目的別 おすすめ証券会社の選び方
証券会社一覧
投資ガイドカテゴリー
投資ガイド人気コンテンツ


当サイトについて

マネーナビはお金のガイドサイトとして2004年から運営している、マネー情報総合サイトです。投資、節約、収入という3つの分野で知って得する情報を発信しています。

マネーナビ人気コンテンツ
お問い合わせ・運営情報
その他・リンク