おすすめネットバンク
おすすめ証券会社
ソニー銀行
積立預金や定期預金など、これから貯金を始めるのに最適な銀行。セブン銀行ATMの手数料無料
マネックス証券
投資初心者におすすめ!貸株、投資情報ツールなどのサービスも魅力的。投信や外国株も○

2017年1月より加入者要件が拡大。節税効果が高い個人型確定拠出年金(iDeCo)

厳選証券会社ランキング ベスト3(根拠・詳細については「ランキングページ」)
マネックス証券 資産管理ツールが魅力。投資初心者にもお勧めのネット証券
SBI証券 総合ネット証券として優れる。投資信託への投資などにもオススメ
ライブスター証券 口座開設から2ヶ月間は取引手数料無料。コスト重視の方にお勧め

大和証券

大和証券

国内大手証券会社。近年ではネット取引(オンライントレード)に対して急速に力を入れており、様々なサービスを新規に提供しています。手数料体系も格安ネット証券ほどではないにしても同じ大手の野村證券と比較すると多少安い水準となっています。

 

大和証券の概要

Gomezランキングで6位にランクインするなど大和証券のネットでのサービス水準は飛躍的に向上してきている。 マーケット情報では、国内・海外・為替・金利などの各情報が細かいところまで収集でき、ニュースについても東洋経済、ロイター、クイックなどの様々なニュースを無料で得る事ができる。 さらに、当然ながら大和証券・大和総研のアナリストレポートも閲覧できる。

また、株式銘柄のスクリーニング機能も強化されており、様々な条件での株式のスクリーニングが可能になっている。情報収集用の証券会社としては使える証券会社。 現物株の売買手数料は依然高い水準にはあるが、信用取引の手数料は「ハッスルトレード」と呼ばれる新手数料体系となり、ネット専業証券と比べると多少高い感じが残るが、金利面などを考えると使える水準にまでなっている。
※大手証券の中では。

 

また2011年には「大和ネクスト銀行」というグループネットバンクを設立しています。大和ネクスト銀行は高金利・振込手数料が無料といったサービスだけでなく、大和証券との間での資金の共有サービスやコンビニATMを使っての入出金など非常に便利なネットバンクです。
大和証券に口座を持つのであれば、大和ネクスト銀行の口座もぜひ作っておきたいところです。

 

大和証券の手数料体系

都度手数料
〜50万円
〜100万円
〜150万円
〜300万円

現物取引

1,812円
3,622円
5,008円
9,166円

信用取引

150円
300円
300円
300円
一日定額
〜100万円
〜200万円
〜400万円
〜600万円

現物取引

3,150円
3,150円
6,300円
6,300円

信用取引

3,150円
3,150円
6,300円
6,300円
口座維持手数料

1,575円/年(ダイワの「eメンバー」登録で無料になります)
ダイワの「eメンバー」(登録料無料)
書類の電子交付サービスのことです。登録して不利益はないので登録することをオススメします・。

振込手数料

無料

引出手数料

無料

手数料水準は大手証券としては頑張っていると言えます。ただし、「証券会社手数料比較」などで大手のネット証券と比較すると手数料はまだまだ高めの水準。

たとえばSBI証券なら100万円の取引時の手数料は487円であり、大和証券の3622円と比べると7分の1以下のコストで株を売買できます。

手数料というのは確実に発生するマイナスリターンであると考えるとコストを抑えることで中長期的にはリターンの差が拡大します。わざわざ大和証券を使わなければならない理由が無いというのであれば、素直にネット証券を使う方がお勧めです。

>>証券会社比較ランキング

 

大和証券の評価・使い勝手

お勧め度:★★★

大和証券のおすすめポイントはなんと言っても豊富な情報とサービスです。手数料は特別安いというわけではありませんが、「日経テレコンが無料で使える(通常月額8,400円)」「大和総研のアナリストレポートが無料で使える」などだけでも情報収集用の証券会社として非常に価値があります。

口座維持手数料(1,575円/年)がかかりますが、郵便で送付されていた報告書類をインターネット上で確認するようにすると(ダイワの「eメンバー」(登録料無料))、口座維持手数料も無料になります。
普通の他のネット証券でも電子交付なので、登録しておいて損をすることはありません。

 

日経テレコンが無料

日経テレコンとは、日経新聞をはじめとした日経各紙、およびそれぞれの過去記事や最新のニュースなどを読めるデータベースサービスです。本来8,400円/月もするサービスですが、大和証券に口座を持っている人はそれを「無料」で使うことができます。
日経テレコンについての詳細は「日経テレコンが無料の証券会社」をご参照ください。

 

大和証券独自のおすすめサービス・その他特徴

・一般信用取引で空売りができる
大和証券では、一般信用取引という信用取引でカラ売りができる数少ない証券会社です。通常空売りは「制度信用取引」という信用取引でしかできませんが、大和証券の場合は通常空売りできない銘柄でも空売りができるなどのメリットがあります。

 

株式投資に有利な証券会社を徹底比較

株式投資のパートナーである証券会社は自分の投資スタイルや目的にあった証券会社を選びましょう。

証券会社比較ランキング
資産運用に必須の証券会社。ネット証券を中心に役立つ証券会社を徹底比較・ランキング。

マネックス証券・・・(総合力が高い。各種金融サポートサービスも充実)
SBI証券・・・(ネット証券最大手。手数料、サービス、商品まで充実)
楽天証券・・・(トレードツールが秀逸。短期トレード主体の方におすすめ)

 

 

 

証券会社比較ランキング
人気の証券会社を手数料や取り扱い商品、サービスなどで徹底的に比較・ランキング

マネックス証券
投資初心者〜上級者まで幅広く使えるネット証券。
使い勝手も良く、サービス面も充実。
>>マネックス証券詳細

ライブスター証券
株式売買手数料業界最安水準のネット証券。口座開設から2カ月はすべての取引手数料が無料
>>ライブスター証券詳細

楽天証券
超割コースの開始で手数料引き下げ。信用取引のデイトレコース「いちにち信用取引」も開始。
>>楽天証券詳細情報

証券会社の選び方
証券会社手数料比較
証券会社サービス比較
証券会社取扱商品比較
目的別 おすすめ証券会社の選び方
証券会社一覧
投資ガイドカテゴリー
投資ガイド人気コンテンツ


当サイトについて
マネーナビ人気コンテンツ
お問い合わせ・運営情報
その他・リンク