おすすめネットバンク
おすすめ証券会社
ソニー銀行
積立預金や定期預金など、これから貯金を始めるのに最適な銀行。セブン銀行ATMの手数料無料
マネックス証券
投資初心者向けにおすすめ。大手ネット証券でサービスや初心者向けコンテンツも充実

マネーナビ投資ガイド証券会社の選び方証券会社一覧>ユナイテッドワールド証券

2017年1月より加入者要件が拡大。節税効果が高い個人型確定拠出年金(iDeCo)

厳選証券会社ランキング ベスト3(根拠・詳細については「ランキングページ」)
マネックス証券 資産管理ツールが魅力。投資初心者にもお勧めのネット証券
SBI証券 総合ネット証券として優れる。投資信託への投資などにもオススメ
ライブスター証券 口座開設から2ヶ月間は取引手数料無料。コスト重視の方にお勧め

ユナイテッドワールド証券

ユナイテッドワールド証券

ユナイテッドワールド証券は、中国株に特化した証券会社で中国株取引における手数料の安さ、情報の豊富さが魅力的な証券会社です。ただ、国内の株式については、取り扱っていませんので外国株取引用の証券会社として利用するのが良いでしょう。

 

ユナイテッドワールド証券の概要

ユナイテッドワールド証券は中国株を中心にロシア株、タイ株など外国株の取引において特化している証券会社。中でも中国株については現地法人を持っており、取引所手数料がかからないという特徴がありますが、投資情報などの面では「内藤証券」や「東洋証券」に部があります。

>>中国株投資におすすめの証券会社

 

 

ユナイテッドワールド証券の評価・使い勝手

お勧め度:★★(ただし中国株に関しては★★★★)

ユナイテッドワールド証券といえばなんといっても中国株に強みをもっていることです。特に現地法人を持つ事により、ユナイテッドワールド証券では、香港ドルベースで資産管理が可能となっています。他の証券会社では、中国株を売買する際に、売買ごとに「円→香港ドル→中国株(買付)→香港ドル→円(売却)→香港ドル→中国株(買付)」という流れを経由する為にイチイチ為替レートを気にする必要がありますが、ユナイテッドワールド証券では、一度入金すると、それを香港ドルに一括で管理できます。つまり、「円→香港ドル→中国株→香港ドル→中国株」と無駄のない中国株取引が可能となっています。

このほか、中国株投資で著名な「サーチナ」という株価ボードでも株価は通常20分遅れですが、ユナイテッドワールド証券のリアルタイム株価ボードは、完全リアルタイムとなっています。さらに、それが無料で使えるのはすばらしいです。中国株取引に強い「内藤証券」でもリアルタイム株価サービスは年間6,000円のコストが必要ですので、そのすごさがわかります。

 

 

株式投資に有利な証券会社を徹底比較

株式投資のパートナーである証券会社は自分の投資スタイルや目的にあった証券会社を選びましょう。

証券会社比較ランキング
資産運用に必須の証券会社。ネット証券を中心に役立つ証券会社を徹底比較・ランキング。

マネックス証券・・・(総合力が高い。各種金融サポートサービスも充実)
SBI証券・・・(ネット証券最大手。手数料、サービス、商品まで充実)
楽天証券・・・(トレードツールが秀逸。短期トレード主体の方におすすめ)

 

 

 

証券会社比較ランキング
人気の証券会社を手数料や取り扱い商品、サービスなどで徹底的に比較・ランキング

マネックス証券
投資初心者〜上級者まで幅広く使えるネット証券。
使い勝手も良く、サービス面も充実。
>>マネックス証券詳細

ライブスター証券
株式売買手数料業界最安水準のネット証券。口座開設から2カ月はすべての取引手数料が無料
>>ライブスター証券詳細

楽天証券
超割コースの開始で手数料引き下げ。信用取引のデイトレコース「いちにち信用取引」も開始。
>>楽天証券詳細情報

証券会社の選び方
証券会社手数料比較
証券会社サービス比較
証券会社取扱商品比較
目的別 おすすめ証券会社の選び方
証券会社一覧
投資ガイドカテゴリー
投資ガイド人気コンテンツ


当サイトについて
マネーナビ人気コンテンツ
お問い合わせ・運営情報
その他・リンク