おすすめネットバンク
おすすめ証券会社
イオン銀行
イオンの利用で普通預金金利が最大0.15%にまで大幅アップ。WAONポイントも貯まる
マネックス証券
初心者におすすめの大手ネット証券。投資サービスや初心者向けコンテンツも充実

節税効果が高い個人型確定拠出年金(iDeCo)を徹底ガイド!

厳選ネットバンクランキング
1位:イオン銀行 イオンを利用する人は預金金利もWAONポイントもお得
2位:住信SBIネット銀行 決済に使いやすい、SBI証券との連携、定期預金金利も高め
3位:ジャパンネット銀行 ネットバンクはセキュリティが不安という方におすすめ

イオン銀行 預金金利が高い。イオンを良く使う人にもおすすめ

イオン銀行

イオン銀行は大型ショッピングモール「イオン」などを運営しているイオングループの銀行です。純粋なネットバンクではなく、イオン内にインストアブランチ(店舗内支店)という形で店舗窓口もあります。

イオン銀行はイオングループというところから想像できる通り、イオンの利用者にとって様々なお得なサービスを提供しています。

金利面などでも他のネットバンクに引けを取ることはなく、高金利の定期預金などで魅力度も高い銀行となっています。

こんな特徴があるネットバンクです。
・普通預金・定期預金が高金利
・各種利用でWAONポイントも貯まる

こんな人に向いているネットバンクです。
・イオンをよく使う人
・預金はほとんど「普通預金」で預けている人

イオン銀行(イオンカードセレクト)
イオン銀行公式ホームページ

※イオン銀行の口座開設手続きは上記リンク先の「イオンカードセレクト(クレジットカード)」の申し込みから進むことができます。

 

イオン銀行の概要

イオン銀行というと、イオン(ショッピングモール)の中にある銀行ね。
というイメージをお持ちかも知れませんが、他のネットバンクと比較しても預金金利を始めとした各種スペックが非常に優れた銀行となっています。

また、それだけではなく、イオン(系列スーパー等を含む)を良く利用する人にとって嬉しいサービスが充実した銀行です。

 

高い普通預金金利

たとえば、普通預金の金利ランキングを見てみましょう。

1位:イオン銀行普通預金:0.05〜0.15%
2位:GMOあおぞらネット銀行:0.11%
3位:楽天銀行「マネーブリッジ」:0.10%
4位:ジャパンネット銀行普通預金:0.03%

上記のようになっており、他多くのネット銀行よりもはるかに高金利です。

なお、イオン銀行の預金金利の優遇を受けるにはクレジット機能一体型のキャッシュカード(イオンカードセレクト)の申込が必要となります(年会費永久無料)。

 

銀行やスーパーの利用でWAONポイントが貯まる

たとえば、定期預金の利用や公共料金の引き落とし、投資信託の残高、住宅ローンの残高、年金の受取などの利用に応じてWAONポイントを受け取ることができます。

また、振込時などの手数料もステージに応じて最大5回までWAONポイントとしてキックバックされるようになっています。

WAONポイントはイオンやミニストップなどで使えるWAON(電子マネー)に交換できるほか、交通系電子マネーであるSuicaに交換することもできます(交通系電子マネーは全国相互利用が可能です)。

イオン銀行
イオン銀行公式ホームページ

 

イオン銀行の手数料について

ATM手数料
平日(時間内)
平日(時間外)
休日
備考

イオン銀行ATM
ゆうちょ銀行ATM

無料
無料
無料
 

その他提携ATM

100円
200円
200円
振込手数料
イオン銀行内
(3万円未満)
イオン銀行内
(3万円以上)
他行宛
(3万円未満)
他行宛
(3万円以上)

手数料

無料
無料
200円
200円

イオン銀行のATMは、イオン、ミニストップ、ダイエー、ピーコックなどをはじめとしたグループ店舗に設置されているイオン銀行ATMが利用できます。入金、出金ともにすべての手数料は無料となっています。

また、ゆうちょ銀行ATMも入出金ともに手数料無料で利用できるようになり、利便性が一気に上昇しました。

 

イオン銀行の金利情報

預金商品
3ヶ月
6ヶ月
1年
3年

円普通預金

ブロンズ:0.03%
シルバー:0.05%
ゴールド:0.1%
プラチナ0.15%

円定期預金

0.02%
0.02%
0.02%
0.02%

備考

預金金利は経済情勢などにより大きく変動することもありますので、必ずイオン銀行の公式ホームページ内で正確な情報をお確かめください。
2019年4月1日現在で管理人が調査した金利を掲載しております。

なお、預金金利はすべて「イオンカードセレクト」保有者に対する優遇金利ベースで表記しております。また、預金額は300万円未満時の金利としております。

 

イオン銀行のMyステージ特典

イオン銀行では2018年よりMyステージという利用者のイオン銀行の利用状況による段階性のサービスを採用しています。

他行ATM手数料 他行宛振込手数料 普通預金金利
プラチナ イオン銀行スコア:150点以上 月5回無料 月5回無料 0.15%
ゴールド イオン銀行スコア:100点以上 月3回無料 月3回無料 0.10%
シルバー イオン銀行スコア:50点以上 月2回無料 月1回無料 0.05%
ブロンズ イオン銀行スコア:20点以上 月1回無料 0.03%
なし イオン銀行スコア:20点未満 店頭金利
イオン銀行Myステージはイオン銀行スコアで変わります。スコアは加点式となっており、以下のような項目を満たすことでポイントを獲得できます。

 

イオン銀行スコアの加点内容

以下の取引の有無でイオン銀行スコアが加算されていきます。

取引内容 スコア

@イオンカードセレクトまたはキャッシュ+デビット、イオンデビットカードのご契約

10点

Aイオンゴールドカードセレクトのご契約

30点
@に30点を加え計40点

Bイオンカードご利用代金のお引落し(キャッシュ+デビット、イオンデビット、J-Debit含む)
2万円未満:10点
2万円以上:20点
以降、2万円ごとに10点加算

10点〜100点

CWAONのご利用金額【月間実績】
1万円未満:10点
1万円以上:20点
以降、1万円の利用額ごとに10点加算

10点〜100点

DWAONオートチャージのご利用【月間実績】

10点

E積立式定期預金の口座振替【月間実績】

10点

F投資信託残高【月末残高】
100万円未満:10点
100万円以上:20点
以降、100万円増額ごとに10点加算

10点〜100点

G投信自動積立の口座振替【月間実績】

30点

H外貨預金残高【月末残高】
100万円未満:10点
100万円以上:20点
以降、100万円増額ごとに10点加算

10点〜100点

I外貨普通預金積立の口座振替【月間実績】

30点

JNISA口座のご開設(ジュニアNISA含む)【月末時点】

30点

KiDeCo掛金の口座振替【月間実績】

30点

Lカードローンのご契約【月末時点】

10点
M無担保ローン残高(証貸/カードローン含む)【月末残高】 30点

N住宅ローン残高(フラット35含む)【月末残高(月間実績)】

30点

Oインターネットバンキングのご登録【月末時点】

30点

P給与のお受取り【月間実績】

30点

Q年金のお受取り【月間実績】

30点

ボーナススコア(GIKのうち、同月内に2つの口座振替)【月間実績】

10点

イオンでのお買い物がある、あるいはWAONをよく使うというのであれば、シルバーステージ、ゴールドステージ以上は簡単に達成できると思います。

赤字にしているものは比較的達成しやすいだろうなぁという項目です。

<何もせずに貯まるポイント>

  • イオンカードセレクト(年会費無料クレカ):10点
  • 給与受取:30点
  • インターネットバンキング契約:30点
    合計:70点

<イオンなどでのお買い物で貯まるポイント>

イオンカード、WAONの利用実績とありますが、イオンカードセレクトならWAONのオートチャージの設定が可能になります。そのため「WAON払い額≒イオンカード払い額」となるはずです。仮に月間2万円の利用があるとしましょう。

  • WAONオートチャージ利用:10点
  • WAONを2万円利用:20点
  • イオンカードを2万円利用:20点
    合計:50点

これで120点となり「Myステージはゴールド」になります。WAON利用額が増えればもっとイオン銀行スコアはupします。

<スコアにプラスαしたい人への裏技>

また、さらにイオン銀行スコアをプラスしたい方は以下のような手を使うのも有です。

  • 1ドルだけ外貨預金する:10点
  • カードローンの契約だけしておく:10点
  • NISA口座を開設しておく:30点

イオン銀行は1ドル単位で外貨預金が可能なので1ドルだけ預金すれば、10点スコアがもらえます。投資信託も同様ですが、こちらは最低投資額が1万円なのでスコア稼ぎにはちょっと厳しいかもしれませんね。

あとはイオン銀行のカードローンの契約だけをしておけば10点です。カードローン契約だけだと金利はかかりません(参考:イオン銀行カードローン

また、NISA口座開設でも30点加算と大きいです。投資をする予定がない方には良いかもしれません。ただし、NISA口座は一人1口座しか持てないので、運用するつもりなら証券会社に開設をするべきです(参考:NISAの活用方法

プラチナステージになれば、0.15%とネットバンク全体でも最高の普通預金金利になります

 

イオン銀行の評価・使い勝手

お勧め度:★★★

イオン銀行については「普通預金の金利の高さ」だけを見ても口座を開設する価値はあると思います。

0.10%という金利水準は2016年のマイナス金利政策導入以降は相当高い水準となっており、それが定期預金ではなく、引き出し自由な「普通預金」という点でも大きなアドバンテージとなっています。

何かの時の為の資金の避難先としてもお勧めです。

 

イオンを使うことでさらにお得

預金金利の高さ以外だと、イオンを良く使うかどうかというのは大きな要素になるでしょう。イオンカードセレクト(キャッシュカード一体型クレジットカード)だとイオンの利用などでWAONポイントが貯まる機会も多く、イオンでのお買い物がよりお得になります。

ちなみに、カード利用なら20日、30日はイオンやイオン系列店でのお買い物が5%オフになります。

 

WAONポイントの共通ポイント化でさらにお得な銀行になる?

2016年、イオン系の電子マネーであるWAONの利用で主に貯まるWAONポイントが共通ポイント化することが発表されました。

共通ポイントというのはTポイントを思い浮かべていただくとわかり易いかと思います。
つまり、イオンで貯めたポイントを他のお店でも貯めたり使ったりできるようになるわけです。Suicaポイントとの交換なども可能で、イオン銀行がますます便利になりそうです。

 

イオンカードセレクトとイオ銀行デビットカード

イオン銀行に口座を開設する場合

のどちらかを選択することになります。イオンカードセレクトは年会費無料クレジットカードという扱いになるので審査があり、18歳以上でないと申し込みができません。一方のイオン銀行デビットカードの場合は審査等はありません。

ただ、前述のイオン銀行スコアのことを考えると、カード利用金額、WAONオートチャージ、将来的なイオンカードゴールドへの無償アップグレードを考えるとイオンカードセレクトの方が優位性は高いと思います。

イオンでよくお買い物をする方で18歳以上ならイオンカードセレクト、そうでない場合はイオン銀行デビットカードの申込が良いのではないかと思います。

>>イオンカードセレクトの申込はこちら

>>イオン銀行デビットカードの申込はこちら

 

便利でお得なネットバンクを徹底活用しよう!

時間外手数料無料、振込手数料無料、コンビニATM利用手数料無料、高金利と非常に便利でお得なネットバンクを活用しましょう。

ネットバンク比較ランキング
ネットバンク比較ランキングでは、便利でお得なネットバンクを手数料・預金金利・提供しているサービス等で各ネットバンクを徹底比較。あなたにピッタリの銀行がきっと見つかります。

1位:イオン銀行
2位:住信SBIネット銀行
3位:ジャパンネット銀行

 

ネットバンク比較ランキング
人気のネットバンク各社を預金金利・振込手数料・ATMの無料利用・時間外手数料など様々な角度から徹底的に比較・ランキングしています。
>> 普通預金ランキング
>> 定期預金ランキング
金利最終確認日:2019年4月1日

ネットバンクの選び方
ネットバンクの活用基礎講座
ネットバンクの選び方
銀行預金、サービス活用術
ネットバンク一覧
デビットカードの選び方
節約ガイド他カテゴリー一覧
節約ガイド人気コンテンツ


当サイトについて
マネーナビ人気コンテンツ
お問い合わせ・運営情報
その他・リンク