ネットバンクの選び方では、便利でお得なネットバンク(ネット銀行)についてそれぞれのネットバンクのサービス内容やその特徴、ネットバンクの預金金利や手数料、提供サービスなどからそれぞれの銀行を徹底的に比較、ランキングしていきます。

ネットバンク(インターネット銀行・ネット銀行)とは、インターネット上で銀行サービスを提供する銀行です。インターネットを活用することで、銀行サービス運営に必要な様々な経費を抑えることができ、「振込手数料」や「ATM手数料」といった手数料を引き下げることができ、都市銀行などと比較して「高い定期預金・普通預金金利」を実現しています

実際にいくつかの点でネットバンク(インターネット銀行)とその他の都市銀行とのスペックさを比較してみましょう。まずは、普通預金の金利から。

  2017年7月現在の普通預金金利
イオン銀行 0.12%
三菱東京UFJ銀行 0.001%

2016年1月のマイナス金利の導入によって多くの銀行が普通預金金利を0.001%というほとんどゼロの水準にまで下げましたが、一部のネット銀行では変わらず高い金利を提供しています。

  振込手数料(他行宛) コンビニATM手数料 時間外
住信SBIネット銀行 月1回〜15回無料(154円) 無料(2回〜15回)
三菱東京UFJ銀行 216円〜324円 108円

振込手数料はネットからだと回数制限はあるものの「無料!」となっています。また、コンビニでの入出金も無料。一方の都市銀行だとやっぱり手数料がかかります。

このように定期預金の金利や振込手数料などを比較すると大きなスペック差があることが分かっていただけると思います。金利や手数料面以外にもネットバンクでは、インターネットを活用した様々な便利サービスなども提供しています。

便利でお得なネットバンクをぜひご活用ください。

手っ取り早くネットバンクに口座を作りたいという方は「ネットバンク比較ランキング」をご覧ください。 人気のネットバンクをランキング形式で紹介しています。

そもそもネットバンクってどんな銀行なの?リスクやデメリットはないの?というかたは「オンラインバンキング入門」をご覧ください。ネットバンクについて長所、短所のそれぞれをわかりやすくまとめています。