個人型確定拠出年金に加入するときは特に最初のうちは可能な限り満額(上限)の掛け金で加入することをお勧めしています。それは、個人型確定拠出年金には定額の手数料が必ず発生するからです。

手数料が安い証券会社を選ぶことももちろん大切ですが、なによりも定額手数料なので、できるだけ運用額を大きくして年金資産に占める手数料の割合を小さくすることがより効率的です。

今回はそんな個人型確定拠出年金の手数料の仕組みとそれによるマイナス運用に陥ってしまうリスクについてまとめます。