対面証券とネット証券の行く末

マネーナビ 金融情報比較
おすすめネットバンク
おすすめ証券会社
あおぞら銀行
普通預金金利が0.2%と、圧倒的に高金利。貯金用銀行として最適!
SMBC日興証券
日興フロッギーで100円から株が買える。投資入門に最適な証券会社
マネーナビ投資ガイド株式投資入門>対面証券とネット証券の行く末

対面証券とネット証券の行く末について

2005年04月17日

ちょっと遅いトピックスですが、大和証券がオンライントレードにおける株式委託手数料を大幅に引き下げました。また、同時に楽天証券なども手数料を来月より大幅に引き下げる予定になっています。

いわゆるディスカウントブローカーである楽天証券が株式委託手数料を引き下げることについては、あまり大きな話ではありませんが、大手証券の一角である大和証券が手数料を引き下げる事は大きな意味があることと思います。
恐らくなんらかの形で、最大手の野村證券においても株式委託手数料の引き下げは行うことと思います。

これまで、大手証券は情報の提供、コンサルなどを行うことで、代わりに高い手数料を徴収するという形をとってきましたが、今後は手数料競争に大手証券も算入する事は確実でしょう。

このニュースに戦々恐々としたのは恐らくネット証券側でしょう。そうはいってもまだまだネット証券の方に手数料面では分がありますが、対面証券においてもメリットは多数あります。例えば、電話での質問や実際の投資アドバイスを受けたいなどのニーズは少なからずあると思います。


必ずしも米国と同じ流れに進むとは限りませんが、米国でも一時ネット証券が幅を利かせていた時代がありましたが、メリルリンチ証券がネット取引の手数料を引き下げた事により、ネット証券側が対面営業にも乗り出すという形になり、対面証券とネット証券の区分が非常に曖昧になりました。

日本においても先日「イートレード証券」が対面営業部隊を作るというニュースを発表しております。
こういった形で、今後日本においても証券会社再編や提携、新規分野への進出は間違いなくスピードアップしていく事と思います。


さて、それでは対面営業を固守する大手証券については、今後も縮小はするであろうが、対面営業は続けていく事でしょう。今現在の富裕層はやはり高齢者に偏っているのが現状であり当該富裕層はどうしてもインターネットというものに慣れていないのが、現状でしょう。
今の現役世代が退職する頃には、またかわっているとは思いますが、現段階においては、高齢者はネット証券よりも対面証券を利用する方が多いようです。


ただし、前述したように、今の現役世代が世代交代するとき、果たしてそういった富裕層が対面証券を利用するのか?今後の大手証券のリテール部門の行く末はそこで決まってくるでしょう。

確実性の高い話としては、大手証券はプライベートバンク化し、超がつくような富裕層を相手として金融工学を駆使したヘッジ商品の提供。つまり資産を増やすことではなく保全する事を目的としたような営業に変わっていくのではないかとかんがえます。

 

株式投資入門 記事一覧

専門用語についてはできるだけ解説を加えながら株式投資や経済について管理人が感じた事をコラムにしていきます。
>>株式投資入門トップ

2015年06月23日「大手証券会社のファンドラップに投資価値はあるか?
2015年05月08日「個人投資家にとって社債投資は実はハイリスクな投資
2015年05月01日「普段から使う銀行の残高はギリギリを維持するべき理由
2014年06月30日「外貨預金(外貨投資)のリスクと期待収益率
2014年05月27日「物価上昇と運用利回りの差による実質的な資産の目減り
2014年02月10日「投資信託を銀行や証券会社の窓口で買うメリット、デメリット
2007年06月07日「ゴールドマンサックス証券によるテイク&ギヴニーズのレーティング
2007年03月28日「株式譲渡益と控除
2006年02月13日「証券会社のレーティングとモラルハザード
2005年08月08日「高格付企業の株価は上がる?
2005年07月12日「ゼロサムゲーム
2005年06月26日「株価と債券の関係
2005年06月17日「グローバルソブリン
2005年05月03日「高配当銘柄と株価
2005年04月17日「対面証券とネット証券の行く末
2005年03月27日「ペイオフについて
2005年03月15日「個人向け国債の魅力
2005年03月02日「ライブドアとニッポン放送
2005年02月18日「名目金利と実質金利
2005年02月05日「日本経済破綻イメージ
2005年01月30日「配当と株価の関係
2005年01月04日「特約付外貨預金
2004年12月06日「ドル安の進行について
2004年11月23日「CSR(道徳)かバイス(悪徳)か?
2004年11月06日「松井証券が儲かる理由
2004年10月24日「毎月分配型投資信託はホントにお得?
2004年10月17日「IPO(新規公開株)ブーム


※このページ内においては特定銘柄の名前が出てきますが、投資対象としてこれらの銘柄を推奨するわけではありません。あくまでも参考としてご覧になってください。投資は自己判断でお願いします。

 

投資ガイド主要トピックス

株式投資の基礎

 ・株初心者の為の株式投資講座
 ・株式投資入門(投資コラム)
 ・株主優待ガイド
 ・株式投資情報サイト比較
  |-トレーダーズウェブ
 ・投資用語集

証券会社の比較

 ・証券会社比較ガイド
 ・証券会社比較ランキング
 ・証券会社手数料比較
 ・証券会社サービス比較
 ・証券会社取扱商品比較

外国為替投資入門

 ・外国為替取引の基本
 ・FX比較ガイド
  l-外国為替証拠金取引ガイド
  l-外国為替証拠金取引会社比較

不動産投資ガイド

 ・不動産投資ガイド

その他投資について

 ・商品先物取引入門
 ・金融・投資用語集

 

 



副業ガイド  投資ガイド 節約ガイド 通販サイト 証券会社比較 ネットバンク比較 FX比較

運営者情報・プライバシーポリシー お問い合わせフォーム

マネーナビ 投資で儲ける100の方法copyright©2004-2021 All rights reserved.