ライブドアとニッポン放送について

マネーナビ 金融情報比較
おすすめネットバンク
おすすめ証券会社
あおぞら銀行
普通預金金利が0.2%と、圧倒的に高金利。貯金用銀行として最適!
SMBC日興証券
日興フロッギーで100円から株が買える。投資入門に最適な証券会社
マネーナビ投資ガイド株式投資入門>ライブドアとニッポン放送について

ライブドアとニッポン放送

非常に話が大きくなっており、あちこちで意見が出されていますので、私が何か言うのも何かと思ってましたが、ここにきて、一度整理してみるのもいいかと思い、今回の買収劇について簡単にまとめてみたいと思います。


まず、フジテレビはTOB(公開買い付け)によりフジテレビの大株主であるニッポン放送の株式取得を表明しました。TOBとは、広く投資家に対して、○○円でこの株式を買いますから売りたい人は応募してくださいね〜。という事を言います。

次にライブドアは立会い外取引という手法でニッポン放送の株式を大量に買い付けました。ライブドアが非難されているのは、この一般の投資家には分からない方法で、企業買収を図ったことでしょう。ただし、この手法は違法でも何でもありません。確かに制度の裏側を突いたという面は否めませんが、別に違法ではありません(今後は不可能になるかもしれませんが)
また、外資であるリーマンブラザーズが関与しているというのも、一般の方に対してはあまりいい印象を与えないのかもしれません。

この点に対してのニッポン放送の対応は大量の第三者割当の新株予約権(一定の時期に、発行する新株を取得する権利のこと)の発行です。第三者とはフジテレビで、この新株の発行によりフジテレビが発行済み株式総数の50%以上を確保することができ、ライブドアがどんなにがんばっても、支配権を得る事はできなくなります。

私は、今回のこのニッポン放送の対応は限りなく「黒」だと考えます。企業防衛は大切かもしれませんが、嫌な奴に買収されそうだからそれをウルトラCを使って回避するというのは非常に資本市場の信任をぶち壊すことになりかねません。

3月2日の日経新聞に日本電産の永守社長の談話が掲載されていましたが、M&Aは今後も活発になる事は間違いありません。特に来年からは海外企業が株式交換によって企業を買収できるようになります(簡単に説明すると、お金を出して会社を買収するのではなく、買収対象の株主に対して買収する会社の株式を渡す事で経営権を掌握するもの)。しかし、こんなことがまかりとおるような事態になれば日本の資本市場は再び海外から「閉鎖的」とみなされるようになるでしょう。
適切な防衛は必要でしょうが、それは普段からの努力で実行するべきで、いざ買収されそうだから黒に近い手段を利用してでも防衛するのは間違いだと思います。



 

株式投資入門 記事一覧

専門用語についてはできるだけ解説を加えながら株式投資や経済について管理人が感じた事をコラムにしていきます。
>>株式投資入門トップ

2015年06月23日「大手証券会社のファンドラップに投資価値はあるか?
2015年05月08日「個人投資家にとって社債投資は実はハイリスクな投資
2015年05月01日「普段から使う銀行の残高はギリギリを維持するべき理由
2014年06月30日「外貨預金(外貨投資)のリスクと期待収益率
2014年05月27日「物価上昇と運用利回りの差による実質的な資産の目減り
2014年02月10日「投資信託を銀行や証券会社の窓口で買うメリット、デメリット
2007年06月07日「ゴールドマンサックス証券によるテイク&ギヴニーズのレーティング
2007年03月28日「株式譲渡益と控除
2006年02月13日「証券会社のレーティングとモラルハザード
2005年08月08日「高格付企業の株価は上がる?
2005年07月12日「ゼロサムゲーム
2005年06月26日「株価と債券の関係
2005年06月17日「グローバルソブリン
2005年05月03日「高配当銘柄と株価
2005年04月17日「対面証券とネット証券の行く末
2005年03月27日「ペイオフについて
2005年03月15日「個人向け国債の魅力
2005年03月02日「ライブドアとニッポン放送
2005年02月18日「名目金利と実質金利
2005年02月05日「日本経済破綻イメージ
2005年01月30日「配当と株価の関係
2005年01月04日「特約付外貨預金
2004年12月06日「ドル安の進行について
2004年11月23日「CSR(道徳)かバイス(悪徳)か?
2004年11月06日「松井証券が儲かる理由
2004年10月24日「毎月分配型投資信託はホントにお得?
2004年10月17日「IPO(新規公開株)ブーム


※このページ内においては特定銘柄の名前が出てきますが、投資対象としてこれらの銘柄を推奨するわけではありません。あくまでも参考としてご覧になってください。投資は自己判断でお願いします。

 

投資ガイド主要トピックス

株式投資の基礎

 ・株初心者の為の株式投資講座
 ・株式投資入門(投資コラム)
 ・株主優待ガイド
 ・株式投資情報サイト比較
  |-トレーダーズウェブ
 ・投資用語集

証券会社の比較

 ・証券会社比較ガイド
 ・証券会社比較ランキング
 ・証券会社手数料比較
 ・証券会社サービス比較
 ・証券会社取扱商品比較

外国為替投資入門

 ・外国為替取引の基本
 ・FX比較ガイド
  l-外国為替証拠金取引ガイド
  l-外国為替証拠金取引会社比較

不動産投資ガイド

 ・不動産投資ガイド

その他投資について

 ・商品先物取引入門
 ・金融・投資用語集

 

 



副業ガイド  投資ガイド 節約ガイド 通販サイト 証券会社比較 ネットバンク比較 FX比較

運営者情報・プライバシーポリシー お問い合わせフォーム

マネーナビ 投資で儲ける100の方法copyright©2004-2021 All rights reserved.