高配当銘柄と株価

マネーナビ 金融情報比較
おすすめネットバンク
おすすめ証券会社
あおぞら銀行
普通預金金利が0.2%と、圧倒的に高金利。貯金用銀行として最適!
SMBC日興証券
日興フロッギーで100円から株が買える。投資入門に最適な証券会社
マネーナビ投資ガイド株式投資入門>高配当銘柄と株価

高配当銘柄と株価について

直近「高配当銘柄」に対する投資信託が野村證券、日興証券、大和証券などの大手証券会社を中心に設定されており、野村アセットマネジメントの「日本好配当株投信」などについては設定からわずか10日で1000億円もの資金を集めるなど人気を博しております。

それでは、今回は高配当と株価の関係について考えていきます。

企業が株主のモノという考えは非常に一般的であり、企業は生産活動を通じて得た利益については株主に還元する事が基本です。
そして、その会社は生産活動を通じて得た利益をどのように分配するかが問題になります。

@内部留保
内部留保とは、その一年間の生産活動で得た利益については、会社に留保しその資金を使って新しい工場への投資や人員を増やしたりと「さらなる利益獲得」の為に利用します。

A配当(または自社株買い)
利益を投資してくれた人に対して分配する方法です。


では、@の内部留保とAの配当に回す。という二つの方法について、それぞれ考えてみると実は同じ経済効果を生み出します。

例えば、Aという会社があり、一年間に100億円の利益を上げたとします。
仮に全額を内部留保したとしても、その会社の資産自体が増加している為、その分は最低でも株価はあがる計算になります。配当した場合は当然ですが会社の純資産が増加しないため株価の上昇はありません。


つまり、企業が得た利益については配当に回そうが、実は全く同じなのです。



では、なぜ配当を重視するのでしょうか?答えはROEという指標にあります。ROEとは株主資本利益率の略語で、株主から預かっている資金をどれだけ有効に利用できているか?という指標になります。つまりROEの高い企業ほど預かっている資金を有効に利用できていると判断され、投資効率が高いとみなされます。

ということは、ろくに投資先もないのに、必要以上に内部留保する企業は預かっている資金を有効に活用しているとはみなされず投資魅力が減退すると考えられます。

例えば、前期大幅な配当金を拠出したマイクロソフトですが、この企業はこれまで1銭(1セント)たりとも配当は支払っていませんでしたが、株価は高い水準を保っていました。これは、マイクロソフトがあげた利益については配当に回すよりもマイクロソフト内で留保し新しく投資したほうが効率的であると市場が判断したからです。

 

株式投資入門 記事一覧

専門用語についてはできるだけ解説を加えながら株式投資や経済について管理人が感じた事をコラムにしていきます。
>>株式投資入門トップ

2015年06月23日「大手証券会社のファンドラップに投資価値はあるか?
2015年05月08日「個人投資家にとって社債投資は実はハイリスクな投資
2015年05月01日「普段から使う銀行の残高はギリギリを維持するべき理由
2014年06月30日「外貨預金(外貨投資)のリスクと期待収益率
2014年05月27日「物価上昇と運用利回りの差による実質的な資産の目減り
2014年02月10日「投資信託を銀行や証券会社の窓口で買うメリット、デメリット
2007年06月07日「ゴールドマンサックス証券によるテイク&ギヴニーズのレーティング
2007年03月28日「株式譲渡益と控除
2006年02月13日「証券会社のレーティングとモラルハザード
2005年08月08日「高格付企業の株価は上がる?
2005年07月12日「ゼロサムゲーム
2005年06月26日「株価と債券の関係
2005年06月17日「グローバルソブリン
2005年05月03日「高配当銘柄と株価
2005年04月17日「対面証券とネット証券の行く末
2005年03月27日「ペイオフについて
2005年03月15日「個人向け国債の魅力
2005年03月02日「ライブドアとニッポン放送
2005年02月18日「名目金利と実質金利
2005年02月05日「日本経済破綻イメージ
2005年01月30日「配当と株価の関係
2005年01月04日「特約付外貨預金
2004年12月06日「ドル安の進行について
2004年11月23日「CSR(道徳)かバイス(悪徳)か?
2004年11月06日「松井証券が儲かる理由
2004年10月24日「毎月分配型投資信託はホントにお得?
2004年10月17日「IPO(新規公開株)ブーム


※このページ内においては特定銘柄の名前が出てきますが、投資対象としてこれらの銘柄を推奨するわけではありません。あくまでも参考としてご覧になってください。投資は自己判断でお願いします。

 

投資ガイド主要トピックス

株式投資の基礎

 ・株初心者の為の株式投資講座
 ・株式投資入門(投資コラム)
 ・株主優待ガイド
 ・株式投資情報サイト比較
  |-トレーダーズウェブ
 ・投資用語集

証券会社の比較

 ・証券会社比較ガイド
 ・証券会社比較ランキング
 ・証券会社手数料比較
 ・証券会社サービス比較
 ・証券会社取扱商品比較

外国為替投資入門

 ・外国為替取引の基本
 ・FX比較ガイド
  l-外国為替証拠金取引ガイド
  l-外国為替証拠金取引会社比較

不動産投資ガイド

 ・不動産投資ガイド

その他投資について

 ・商品先物取引入門
 ・金融・投資用語集

 

 



副業ガイド  投資ガイド 節約ガイド 通販サイト 証券会社比較 ネットバンク比較 FX比較

運営者情報・プライバシーポリシー お問い合わせフォーム

マネーナビ 投資で儲ける100の方法copyright©2004-2021 All rights reserved.