ゴールドマンサックス証券によるテイク&ギヴニーズのレーティング引き下げと空売り

マネーナビ 金融情報比較
おすすめネットバンク
おすすめ証券会社
あおぞら銀行
普通預金金利が0.2%と、圧倒的に高金利。貯金用銀行として最適!
SMBC日興証券
日興フロッギーで100円から株が買える。投資入門に最適な証券会社
マネーナビ投資ガイド株式投資入門>ゴールドマンサックス証券によるテイク&ギヴニーズのレーティング

ゴールドマンサックス証券(GS)によるテイク&ギヴニーズのレーティングについて

07年6月7日

今回は、あえて名指しで指摘いたします。別に必ずしもゴールドマンサックス証券だけに関連するわけではないのですが、タイムリーに情報が手に入りましたので、この件を利用させてもらいます。以前も「証券会社のレーティングとモラルハザード」という記事を書きましたが、その続きみたいなものです。

さて、テイクアンドギヴニーズ(4331)という会社をご存知でしょうか?ハウスウエディング関連のサービスを提供している会社なのですが、この会社が07年5/24に業績発表を行い、下方修正を行ったわけです。
これを受けてゴールドマンサックス証券を始めとして、いくつかの証券会社がこのテイクアンドギヴニーズ社の株価格付けを引き下げました。(GSは目標株価15.5万円→3.5万円)。

さて、これらの結果を証券市場は極めて大きく受け止めたようで、T&Gの株価は6営業日連続でストップ安となり、株価は84,300円から42,650円へと約半分の株価にまで大きく下落することになりました。

さて、以上が状況説明なのですが、問題にしたいのはこのGSが出した目標株価とその前後の行動です。

GSは6/6付けでT&G社の株式を約9.6万株取得していたことが分かりました。この株式取得の理由は「株券の消費貸借による株券の借入に対する返済の為」とされています。難しい言葉ではありますが、ようするに、ゴールドマンサックスは、T&Gの株を高いところで空売り(信用売り)しておいて、株価が下落したことに伴い、空売りしていた株を買い戻してその差額を得たということになります。

控えめに見積もって、GSは(84,300円-45,000円)×9.6万株=37億円

という利益を得た計算になります。これが、単にT&G社の業績悪化を予想して空売りをしていたというだけならば通常の証券取引の一つですから特に問題はないのでしょうが、決算発表を受けるまでは「買い」と推奨しておいて、発表後は一転「売り」という。自分はちゃっかり「買い」と言っている間に空売りの玉を作っていたと言うことになります。
(ちなみに、GSがレーティングを「買い」から「売り」に引き下げた後に空売りをすることは不可能。)

ここまで見事に行われると、まさにレーティングを使って、自社の都合が良いように証券市場をもてあそんでいると言われても仕方が無いかもしれません。

証券会社がレーティングを発表するのは、当然投資家の参考にもなりますので、大いに結構ですが、そういったレーティングを発表する会社というものは、節度というかモラルを持って取り組んでもらいたいものです。
もちろん「それなら、証券会社が出すレーティングを信じなければいいじゃん?」という意見があるのは分かりますが、証券市場に対して少なからず影響力を持つ者にはやはりそれなりのモラルをもった行動や規範が必要だと思います。

 

※上記コラムについては、ゴールドマンサックス証券(GS)について書いていますが、今回の件が現段階において法律違反であるとかそういう問題ではありません。あくまでも証券業界に対する意見として具申しております。

 

株式投資入門 記事一覧

専門用語についてはできるだけ解説を加えながら株式投資や経済について管理人が感じた事をコラムにしていきます。
>>株式投資入門トップ

2015年06月23日「大手証券会社のファンドラップに投資価値はあるか?
2015年05月08日「個人投資家にとって社債投資は実はハイリスクな投資
2015年05月01日「普段から使う銀行の残高はギリギリを維持するべき理由
2014年06月30日「外貨預金(外貨投資)のリスクと期待収益率
2014年05月27日「物価上昇と運用利回りの差による実質的な資産の目減り
2014年02月10日「投資信託を銀行や証券会社の窓口で買うメリット、デメリット
2007年06月07日「ゴールドマンサックス証券によるテイク&ギヴニーズのレーティング
2007年03月28日「株式譲渡益と控除
2006年02月13日「証券会社のレーティングとモラルハザード
2005年08月08日「高格付企業の株価は上がる?
2005年07月12日「ゼロサムゲーム
2005年06月26日「株価と債券の関係
2005年06月17日「グローバルソブリン
2005年05月03日「高配当銘柄と株価
2005年04月17日「対面証券とネット証券の行く末
2005年03月27日「ペイオフについて
2005年03月15日「個人向け国債の魅力
2005年03月02日「ライブドアとニッポン放送
2005年02月18日「名目金利と実質金利
2005年02月05日「日本経済破綻イメージ
2005年01月30日「配当と株価の関係
2005年01月04日「特約付外貨預金
2004年12月06日「ドル安の進行について
2004年11月23日「CSR(道徳)かバイス(悪徳)か?
2004年11月06日「松井証券が儲かる理由
2004年10月24日「毎月分配型投資信託はホントにお得?
2004年10月17日「IPO(新規公開株)ブーム


※このページ内においては特定銘柄の名前が出てきますが、投資対象としてこれらの銘柄を推奨するわけではありません。あくまでも参考としてご覧になってください。投資は自己判断でお願いします。

 

投資ガイド主要トピックス

株式投資の基礎

 ・株初心者の為の株式投資講座
 ・株式投資入門(投資コラム)
 ・株主優待ガイド
 ・株式投資情報サイト比較
  |-トレーダーズウェブ
 ・投資用語集

証券会社の比較

 ・証券会社比較ガイド
 ・証券会社比較ランキング
 ・証券会社手数料比較
 ・証券会社サービス比較
 ・証券会社取扱商品比較

外国為替投資入門

 ・外国為替取引の基本
 ・FX比較ガイド
  l-外国為替証拠金取引ガイド
  l-外国為替証拠金取引会社比較

不動産投資ガイド

 ・不動産投資ガイド

その他投資について

 ・商品先物取引入門
 ・金融・投資用語集

 

 



副業ガイド  投資ガイド 節約ガイド 通販サイト 証券会社比較 ネットバンク比較 FX比較

運営者情報・プライバシーポリシー お問い合わせフォーム

マネーナビ 投資で儲ける100の方法copyright©2004-2021 All rights reserved.