FX取引では維持証拠金が一定を下回ると、リスク回避のためにFX業者による強制ロスカットが行われます。

水準については業者によって異なりますが、証拠金維持率が50%を下回るような状態(必要な証拠金が半分を割った状態)になると実行されることが多いです。マージンコール(追証)は維持率が100%を下回った時に、追加の証拠金を差し入れるように求める警告です。