おすすめネットバンク
おすすめ証券会社
ソニー銀行
積立預金や定期預金など、これから貯金を始めるのに最適な銀行。セブン銀行ATMの手数料無料
マネックス証券
投資初心者向けにおすすめ。大手ネット証券でサービスや初心者向けコンテンツも充実

2017年1月より加入者要件が拡大。節税効果が高い個人型確定拠出年金(iDeCo)

厳選クレジットカードランキング
年会費無料。入会で5000円相当のポイントプレゼント。常時1%ポイント
ドコモユーザーの方なら年会費を払ってもお得。ポイント10%還元。
ポイント還元率1.2%の年会費無料カード、ポイントもPontaで使い道○

ライフ一般カード / ライフカード

ライフカードはポイントサービスが非常に魅力的なクレジットカードです。通常のお買い物のポイント還元率は0.5%程度とちょっと高いくらいですが、利用額に応じたポイントのプレゼントや誕生日月のポイント5倍サービスなどメインカードとして使うなら非常に優れたポイント還元率を誇るクレジットカードといえます。

 

ライフ一般カードの概要

年会費

年会費完全無料

国際ブランド

VISAまたはMASTER(選択可)

審査

原則として18才以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
付帯保険

海外旅行傷害保険

N/A

国内旅行傷害保険

N/A

ショッピング保険

N/A

その他保険

N/A
ポイント制度

ショッピング1,000円につき1ポイント(平常時)
ショッピング1,000円につき5ポイント(誕生月)

その他ボーナスポイントとして以下が加算される。
・利用額に応じてのボーナスポイント(50-450ポイント)
|-10万円:50ポイント
|-30万円:100ポイント(累計150P)
|-50万円:100ポイント(累計250P)
|-100万円:200ポイント(累計450P)
・利用明細不要(email受付)で10ポイント/月

ポイント還元率

1ポイントあたり5円の金券と交換可能。
0.5%(平常時)
2.5%(誕生月)

さらに、ボーナスポイントを加味した場合。利用額にもよりますが、1.2〜1.8%ほどの還元率になります。

ポイントの特徴

実はライフカードの場合、毎月の利用明細をeメールで受信するようにするともらえる10ポイント(67円相当)が結構大きな比率を占めることになるので、カード利用額が大きくないほど、高い還元率になるという特徴があります。
誕生日の月だけ使うようにするなど工夫すれば、ポイント還元率は非常に高くなり、ケースによっては、ポイント還元率が5%を超えるような状態になることもあります。

備考)

 

ライフ一般カードの概要

ライフ一般カード最大の特徴はやはり、毎月の利用明細をeメールにしておいた上で、誕生日の月の利用をこころがけるというだけで、かなりお得なポイント還元率を誇るクレジットカードになります。

個人的にも利用しており、誕生日の月だけはこのライフカードは私のメインカードになっています。

付帯保険はついていませんが、ポイント還元率の高さを考えると、この位は我慢をしてもいいと思います。

なお、ライフカードでも年会費を払うことで旅行傷害保険が付帯するライフカード(旅行傷害保険付き)がありますが、個人的にはわざわざライフカードで傷害保険をつけるよりも別のクレジットカードで対応した方が良いと思います。

年会費を払わなくても、たとえば「エポスカード」なら海外旅行傷害保険が年会費無料でセットされます。

ライフ一般カード公式ホームページ

 

 

 


つみたてNISAについては「こちら

クレジットカード比較ランキング
人気のクレジットカードを徹底比較。ポイント還元率や利用シーン、ステータスなどあなたにお勧めの1枚が探せます。

ネットバンク比較ランキング
人気のネットバンク各社を預金金利・振込手数料・ATMの無料利用・時間外手数料などを比較・ランキング。

クレジットカードの選び方
クレジットカード比較ランキング
クレジットカード選びの基礎知識
クレジットカードとポイント
クレジットカードと保険(付帯保険)
クレジットカードと保険(付帯保険)
節約ガイド他カテゴリー一覧
節約ガイド人気コンテンツ


当サイトについて
マネーナビ人気コンテンツ
お問い合わせ・運営情報
その他・リンク