サラリーマン徒然副業日記
〜2005年2月期〜

 

2005年2月19日 第四十五回 「風邪?」
う〜ん。どうやら風邪をひいたみたいです。まぁ、風邪を引いたのが土曜でよかったって感じですね。これが月曜とかだったら最悪ですから。

今日、明日はなるべく外にでないように、引きこもって風邪を治していきたいと思います。


さて、色々思う事があってこの日記について、ブログへの移行を検討しています。この状態だと、古い日記についてはわざわざ見ていかなくてはなりませんし、ジャンル区分がされているわけでもないですから。ちょっと見づらいですよね。

ブログ自身は非常に流行していますから、中々それに乗っかりたくないという気持ちもあって、中々踏み出せませんでしたが、利便性を鑑み、移行する事になると思います。



2005年2月17日 第四十四回 「ハードワーク」
日経アソシエ(2003・03/01)において「仕事は量で決まる」という内容の記事が掲載されていました。

日本を代表するハードワーカー達の仕事術について書かれていましたが、中々面白い記事でした。冒頭は日本電産の「永守社長」が例として挙げられていました。

かなり有名な経営者ですので、ご存知の方も多いと思いますが、この永守社長は「人の二倍働く」ということをモットーにされています。私に言わせれば、この人は3倍も4倍も働いていると思いますが(笑)

とにかく、ハードワーカー達が言っている事で重要な事は「質よりも量」ということではなく、質は量によって磨かれるということでした。これはもっともな考え方で、誰でも最初は素人なのです。

そして、仕事を沢山こなす事で仕事にも慣れ、様々な工夫もできるでしょう。

ただ、注意点としては意味のない仕事を沢山こなすことはあまり意味はありません。例えば誰にでもできる仕事を沢山続けたとしても、その経験は今後の仕事においてそこまで大きなプラスの影響を与えるわけではありません。

むしろ、難しい仕事を積極的に沢山取り組みことによって自分自身の仕事のスキルが向上していきます。



この点はどんな仕事にも言えると思います。もちろん副業にも言えることで、副業を始めてみようとしても最初は仕事を上手にこなせないかもしれません。しかし、どんな作業にしても創造的な仕事にしてもやはり経験をしないことには上手に出来ません。

例えば、新しいウェブページを作るにしても、その構成から内容、書き方などに色々なコツがあります。そういったコツは経験からしか生まれませんし(もちろん才能という部分もあるのかもしれませんが)、沢山の経験を積む事でより速いスピードで、より濃い内容の文章やページを作れるようになるでしょう。



何事も経験です。まずは、量をこなすというところからはじめてみましょう。


2005年2月13日 第四十三回 「サイト運営と経営心」
ホームページ運営者も、企業経営と似ているところがあります。

ホームページという店舗を運営し、できるだけ多くのお客様(訪問者)にきていただく。その上で「広告」を通じて間接的に売上を貰う。(ネットショップ運営の場合は商品を買ってもらう)。ということになります。

ホームページオーナーは収益を得ていくと言う事を目的にするのならばその利益を最大化する努力をしていく必要があります。
その手法としては大きく分けて二つあります。

@広告

訪問者に来ていただく絶対数を増やす努力です。例えば、広告掲示板に書き込みをしたり大手のディレクトリ型検索エンジンに登録したり、SEO対策をしたりということが挙げられるでしょう。

Aホームページの質を向上させる

来店していただいたお客様が多くの広告をクリックしてもらえるようにするための工夫をすることが大切です。せっかく広告に力を入れても、店(ホームページ)の内容が悪ければ、お客様もすぐに帰ってしまいます。そのため、お客様が「おっ、このホームページは為になる(役にたつ)」と感じてもらわなくてはなりません。


ホームページ運営で収益を挙げるということを目標にするのならば、上であげた@Aの両方をバランスよくすすめていく必要があります。

質を良くして、そしてその上で広告を行う。この両方がバランスよくされなくてはなりません。



マネーナビ サイトマップ!
〜目的別に情報を探したい方は以下のカテゴリから!〜  マネーナビトップページに戻る
サラリーマンでも副収入が欲しいというはこちら→ 副業ガイド
株式投資など資産運用について興味がある方はこちら→ 投資ガイド
支出を減らしたり、得をする事に興味がある方はこちら→ 節約ガイド


サラリーマン徒然副業日記トップに戻る