事業化プラン
〜サラリーマン徒然副業日記〜

2004年8月16日 第二十六回 「事業化プラン」
先日8月15日において東京の真夏日連続40日記録が途切れました。午前中は雨が降りましたが、午後からはかなり過ごしやすい一日でしたね♪秋を意識する一日でした。

さて、表題にあるように、今回は副業から一歩進めて事業化ということを考えて見たいと思います。

事業化には、まず二つの選択肢があります。
@個人事業主としてスタートする。
A法人としてスタートする。


個人事業主としてスタートする場合は簡単です。今日から個人事業主だ!と宣言(誰にも言う必要はありません)すればもうすでにあなたは個人事業主です。(税務上の届出は必要です)

法人としてスタートする場合「登記」という作業を行う必要があります。また、法人にもいくつかの形態があり、合名会社、合資会社、有限会社、株式会社といくつかの種類があります。また、最近では企業組合という新しい形態も出てきています。

今回、これらの形態について詳しくは述べません。また、機会があれば、コンテンツとしてサイト内にアップします。


さて、あなたが事業を始めるに当たって、プランというものを考えなくてはなりません。事業化のプランとはどういうものか?これには二つの役割があります。
@自分自身のプランを再考する
A出資者や債権者に対するプレゼン

まず、@についてですが、自分が考えたアイデアが、思いついたときはこれ以上ない素晴らしいものだとしても、それを実現する為にはどうすればよいのか?それは可能なのか?誰の力を借りるのか?ということを改めて考えることができます。
事業化に対して過度に恐れる必要はありませんが、成功確度を上げる為に、プランを練りに練る必要はあります。しっかりと考えましょう。

次にAについてですが、自分の資金だけで事業化できるのならば問題ありませんが、銀行にお金を借りたり、親類などから出資してもらう場合も必要になります。
こちらは、事業化を進める上でのリスクやリターンを中心に考える必要があります。収益見込みは甘くないか?同業他社はいるのか?いるのならばそれに対する優位性は?

というように事業化を進めていく上で、必ず必要になるものです。将来独立して起業したいという方は今のうちから少しづつでも良いので、事業プランを考えて見ましょう。

 

マネーナビ サイトマップ!
〜目的別に情報を探したい方は以下のカテゴリから!〜  マネーナビトップページに戻る
サラリーマンでも副収入が欲しいというはこちら→ 副業ガイド
株式投資など資産運用について興味がある方はこちら→ 投資ガイド
支出を減らしたり、得をする事に興味がある方はこちら→ 節約ガイド


サラリーマン徒然副業日記トップに戻る