サラリーマン徒然副業日記
〜2004年6月期〜


2004年6月の日記内容
2004年6月の副業日記のタイトルです。タイトルをクリックすると、その日記の部分にまで、ジャンプします。普通にスクロールすれば、全部読めます。
6月26日:インターネット企業の将来
6月21日:アフィリエイトコンテスト入賞記念!
6月20日:アクセスアップと下位ページ
6月10日:取材依頼
6月1日:アフィリエイトの将来性


2004年6月26日 第二十一回 「インターネット企業の将来」
ネット系企業の今後について考えてみます。

ネット系というと、有名どころでカカクコム、サイバード、オプト、マクロミルなど多数の企業が今日上場しています。
インターネット業界はこれからも発展はしていくと思いますが、構造自体は変化すると思います。数年前まで、市場はそこまで大きなものではありませんでした。つまり、ニッチ市場だったわけです。ですが、3G携帯電話の普及、通信速度の向上等を通じて、インターネットという市場は大変大きなものとなりました。

市場が大きくなると、いわゆる大企業が市場に参入してきます。例えば、最近伸びている会社に「ドワンゴ」という会社がありますが、この会社はタレントと直接交渉によって低い料金で着声などのサービスを提供しています。ですが、ここが儲かるということになると、レコード会社やタレント事務所側がそれぞれサービスを提供するようになるかもしれません。

また、携帯ゲームを提供している会社においても、例えば、スクエアエニックスなどが直接乗り出すことで、大きな存在となります。

競合が増えてきたことことも、大きな変化です。競合他社が存在する事で、宣伝費用などもバカにはなりません。


以上のように、これまで、非常に高い利益率をたたき出してきたネット系企業ですが、今後は今よりも高コスト体質となる事が想定されます。ともなると、初期投資にもカネが必要になり、参入障壁は非常に高いものとなるでしょう。


ネット企業もこれからはアイデア勝負というものではなく、綿密なマーケティングが必要になるでしょう。



2004年6月21日 第二十回 「アフィリエイトコンテスト入賞記念!」
今日は、アクセスアップと下位ページについての続きを書こうと思っていましたが、嬉しい知らせがありましたので、それは次回に回します。

本日、トラフィックゲート(詳しくは「お勧めASP比較をご覧下さい」)で開催されていたアフィリエイトコンテストで入賞しましたとの知らせがありました。賞金も出ますので嬉しい限りです。

今回はコンテスト入賞記念として、今回の賞金全額をこの日記を読んでいただけた方に還元したいと思います。
7月31日までの間に「応募メール」にメールを送ってください。メールの内容は、イーバンク銀行のメルマネのメールアドレス(必須)サイトの感想(できればで結構です)

抽選で20名の方に5000円を贈呈させていただきます。懸賞金については、イーバンクのメルマネを利用させていただきます。(イーバンク銀行に口座を保有されていない方はイーバンク銀行徹底検証をご覧下さい。)尚、当選者の発表は発送に代えさせて頂きます。
(詳細については「訪問者還元企画」をご覧下さい)


さておき、今回はコンテストで入賞したということで、各アフィリエイトサイト(ASP)について考えてみたいと思います。

A8ネット・・・審査が簡単、広告数も多い。管理画面がわかりにくい。
バリューコマース・・・業界最大手。審査基準が若干厳しいと言われる。広告数は桁違いだが、管理ページが思い。
トラフィックゲート・・・独自の広告主が多数あり。管理画面が見やすい。
アクセストレード・・・独自の広告主が多数あり。レポートなどが見にくい。
JAネット・・・他と比較して報酬額が若干高め。広告主を検索するのがわかりにくい。
リンクシェア・・・三井物産が運営するだけあり、大手企業と契約ができる。

などの各アフィリエイトサイトごとに特色があります。同じ広告でもアフィリエイトサイトごとに報酬が異なっていたりしますので、一つのASPに絞るのではなく、複数のASPに登録し比較する事も重要でしょう。


2004年6月20日 第十九回 「アクセスアップと下位ページ」
ホームページを使って収入を得ようという場合、最も必要なものはアクセス数です。何人の人たちがホームページを見てくれたか?ということはダイレクトに収入に跳ね返ってきます。


アクセス数ですが、これはとにかく、ホームページの内容を充実させなさい。の一言に尽きます。どんなにSEO(検索エンジン対策)を施そうが、内容が薄っぺらかったら、だれも二度と訪問しようとは思いません。リピーターを掴む為にも、ホームページの内容はできるだけ濃くしていきましょう。また、結果的に情報量を増やす事がアクセスアップにもつながります。例えば、10ページしかないホームページと1000ページあるホームページでは、あるキーワードに対して検索エンジンから引っかかる可能性も高くなります。結果、検索エンジンからやってくる訪問者が増えます。内容がよければリピーターになってくれるでしょう。

つまり、とにかく情報量を増やし、内容を濃くしていくことが第一となります。
しかし、こういったことはどのアクセスアップに関するサイトでも取り上げられています。「内容を充実させなさい。」というのは確かに正論ですが、収入を増やす為の近道とはいえません。じゃあ、手っ取り早くアクセスを増やすにはどうしたらよいのか?ということですが、

「ページごとにキーワードを作りなさい。」

どういうことかというと、
例えば、

@飲料全般に関するページ
A)全ての飲料に関する情報を一つのページで全て説明する。

A
A)コーヒーに関するページ
B)紅茶に関するページ
C)緑茶に関するページ
D)清涼飲料水に関するページ

のようにカテゴリごとに分類したページを作成した場合、例えば、「コーヒー」という検索ワードでページがより上位にくるのはAの方でしょう。

つまり、ページ数を多くする事で、手っ取り早くアクセスアップを図ることができます。
ただし、その場合もある程度のページ内容は必要ですし、過度に分けてしまうと逆効果にもなりかねません。この方法を利用する場合は、適正量を考えてくさいね。

例えば、
A)コーヒーに関するページ1
B)コーヒーに関するページ2
のようにしてしまうと、訪問者にとってわざわざページ移動をしなくてはならないため、ストレスがたまります。勿論情報量が多くなった為分割するというのは問題ありませんが。

ページ数を多くする事がアクセスアップに多少なりとも貢献します。


2004年6月10日 第十八回 「取材依頼」
久しぶりの更新となります。もっと頻繁に更新しろよ!と思われるかもしれませんが、最近ちょっと忙しくて、更新が滞っていました(反省)

今日、メールを見てみると、某雑誌から取材依頼が来ていました。当サイトの存在を知ってもらうという目的では大変有効な手段と思いましたが、取材日と仕事との兼ね合いが付かず断念する事になりました。
ちょっと勿体ない気がしますね。

今月のネット副業収入は概算で40万円後半(振り込みベース)となる見込みです。前月の収入は収入発生ベースでは60万円を超えました。

私は、これまで、ネットで稼いだお金は、収入発生ベースで記録しています。こうやっておくことで、自分のモチベーションを高める事ができます。また、ネット副業は、その時々の検索エンジンの状態や訪問者の動向によって大きく変動します。これまでの統計によると、当サイトの場合、3ヶ月に一度大きく調整します。二ヶ月間好調な成績をあげ、次の一月は伸び悩みます。
なぜかはわかりませんが、恐らく検索エンジンでこの時期に大きく調整しているのではないか?と私は推測しています。具体的にどのようになっているのかはわかりませんが、統計を見てみると、明らかにそのようになっています。


今月は、統計上の調整月にあたり、売り上げは、前月比で26%減というものとなっており、恐らく発生ベースの収入額は大きく減少すると見込んでいます。

こうやって自分で統計を取ってみると、サイト運営もグッと面白いものに思えます。例えば、目標値を定めて達成できないのはなぜなのか?なぜこんなに収入が上がっているのか(落ちているのか)と分析し、これからのサイト運営の道しるべにすることができます。


是非、統計を取る事をオススメします。エクセルなんかを使えば簡単に作れますからね。


2004年6月1日 第十七回 「アフィリエイトの将来性」
ネット副業を行っていく上では、アフィリエイトの存在が必要条件となります。ですが、このアフィリエイトというものの将来性はどうなのでしょうか?

まず、広告というものが、テレビ広告に代替されるか?というとそれには否定的です。今後地上はデジタル放送の普及により、ネット並みの自由度のきく広告宣伝ができるようになると思います。
となると、代替されるほどの発展は難しいでしょう。
あくまでもニッチ的な存在になると思います。ですが、このまま衰退していくかというとそうは思いません。まだまだ日本におけるネット人口は増加していくでしょうし、携帯電話の発展などを通じてより多くの人が、ネットを利用するようになると思います。

となると、今後数年〜十数年は間違いなく、発展していくのではないかとおもいます。
また、認知度の向上により、多くの企業が参加するようになり、紹介できる広告の数も質の一段と向上していくことと思われます。

以上二点により、今後のアフィリエイト市場はますます発展していくでしょう。

では、どんな発展を遂げていくのか?ということですが、競合が厳しくなる中、市場参加者が増加すると見込まれますので、需給の関係により、広告単価の引き下げが現実化していくものと思われます。となると、今月収100万円の収入を得ている人も、その収入を維持する事は難しくなる事が想定されます。これはマイナスの要因といえましょう。


以上の点を考慮しますと、今後の方向性としては、より専門性に特化したサイトの構築が必要になると思います。市場参加者が増えることにより、今後ますますアフィリエイトを利用した個人サイトが増加していくものと思われます。となると広く浅くのサイトでは、市場のニーズにこたえることは難しいでしょう。ですから、専門性に特化し、個人としての強みを活かす事ができるサイトを構築する必要性があると私は考えます。

例えば、大手企業が提供する商品の中で、「レトルト商品」を徹底的に比較するサイトなどが考えられるでしょう。あくまでも、例ですが、全ての食品企業がアフィリエイトに参加するようになれば、消費者の視点からこれらを比較するサイトは重宝されるでしょう。もちろん、そのためには、しっかりとした研究を行う必要があります。

今後は、ネットで楽して年収1000万円などというのは難しく、稼ぐ為には比較的労力が必要となることは間違いありません。




こうやって書くと、大変ネガティブに捉える方が多いと思いますが、それは違います。サイトの二極化が進むといいたいのです。より優れた情報を提供できる個人は、今よりもはるかに多くの収入を得る事ができるようになるでしょう。ですから、一部の勝ち組に入れればネットだけで、相当多くの収入を得る事ができるようになると考えられます。

さあ、ネット長者に向けてがんばってみませんか!?


マネーナビ サイトマップ!
〜目的別に情報を探したい方は以下のカテゴリから!〜  マネーナビトップページに戻る
サラリーマンでも副収入が欲しいというはこちら→ 副業ガイド
株式投資など資産運用について興味がある方はこちら→ 投資ガイド
支出を減らしたり、得をする事に興味がある方はこちら→ 節約ガイド


サラリーマン徒然副業日記トップに戻る