サラリーマン徒然副業日記
〜インターネット企業の将来〜


2004年6月26日 第二十一回 「インターネット企業の将来」
ネット系企業の今後について考えてみます。

ネット系というと、有名どころでカカクコム、サイバード、オプト、マクロミルなど多数の企業が今日上場しています。
インターネット業界はこれからも発展はしていくと思いますが、構造自体は変化すると思います。数年前まで、市場はそこまで大きなものではありませんでした。つまり、ニッチ市場だったわけです。ですが、3G携帯電話の普及、通信速度の向上等を通じて、インターネットという市場は大変大きなものとなりました。

市場が大きくなると、いわゆる大企業が市場に参入してきます。例えば、最近伸びている会社に「ドワンゴ」という会社がありますが、この会社はタレントと直接交渉によって低い料金で着声などのサービスを提供しています。ですが、ここが儲かるということになると、レコード会社やタレント事務所側がそれぞれサービスを提供するようになるかもしれません。

また、携帯ゲームを提供している会社においても、例えば、スクエアエニックスなどが直接乗り出すことで、大きな存在となります。

競合が増えてきたことことも、大きな変化です。競合他社が存在する事で、宣伝費用などもバカにはなりません。


以上のように、これまで、非常に高い利益率をたたき出してきたネット系企業ですが、今後は今よりも高コスト体質となる事が想定されます。ともなると、初期投資にもカネが必要になり、参入障壁は非常に高いものとなるでしょう。


ネット企業もこれからはアイデア勝負というものではなく、綿密なマーケティングが必要になるでしょう。


 

マネーナビ サイトマップ!
〜目的別に情報を探したい方は以下のカテゴリから!〜  マネーナビトップページに戻る
サラリーマンでも副収入が欲しいというはこちら→ 副業ガイド
株式投資など資産運用について興味がある方はこちら→ 投資ガイド
支出を減らしたり、得をする事に興味がある方はこちら→ 節約ガイド


サラリーマン徒然副業日記トップに戻る