サラリーマン徒然副業日記
〜副業の種類とネタを考える〜

2004年5月8日 第十二回 「副業の種類とネタを考える」
これまでは、主にアフィリエイト(インターネット広告)を活用した副業について考えてきましたが、広告に頼るというもの以外にもインターネットを利用した副業ネタはあります。

今回は、その副業ネタについて考えてみましょう。

あくまで我々がやるのは副業です。あまり時間を使う事が無く効果的に収益を得られる方法を考える必要があります。つまり、メンテナンスが煩雑であり、手間がかかるものは副業として向いていません。

ネットを利用した副業にはいくつかのタイプに分ける事ができます。

@媒介系
・・・消費者と事業主の繋がり役となる、アフィリエイトはこのタイプ。また、直接事業者に営業を仕掛けて媒介する事も可能です。
A商品販売系
・・・俗に言われるネットショップや通販サイトなど自分で商品を仕入れて、販売します。
B情報系
・・・自分が持っている特別な情報等を提供し、かわりに情報量などを頂くものです。

最も手軽に始める事ができるのは「媒介系」というものです。自分自身に特にスキルが無くても始める事ができます。そして、インターネットを最も有効に活用できるものです。
自分の趣味やちょっとした知識を公開し、それにマッチした広告を貼ることで収益が見込めます。

商品販売系は自分で仕入れたり、在庫管理など、手間は煩雑です。自分ひとりで始めるには少し厳しいでしょう。ですが、家族などの協力が得られるのでしたら始める事もできるでしょう。

最後に、情報系というものですが、この場合、収益を得る方法は二通りあります。
(1)情報取得者から直接頂く
有料や会員制のホームページを作成し、月々いくら。という形で収益を得ていきます。一般的に消費者は、情報は無料と思っている節があります。そのため、よっぽどの情報でなければ中々収益は生み出せないでしょう。

(2)情報取得者から間接的に頂く
間接的に頂くとはどういうことでしょうか?それは、情報自体はフリーで公開します。そして、そのページにバナーを貼るスポンサーを探したり、アフィリエイト広告などを貼っておくことです。
情報の質によっては訪問者の数も増えるでしょう。
ですが、あくまで、訪問者がバナーをクリックしたり、商品を購入したりする必要があります。そのため、収益の予想は立ちにくくなりがちです。


これらのいくつかの種類によって、収益源も安定性も様々です。色々なアイデアを考えてみましょう。

 

マネーナビ サイトマップ!
〜目的別に情報を探したい方は以下のカテゴリから!〜  マネーナビトップページに戻る
サラリーマンでも副収入が欲しいというはこちら→ 副業ガイド
株式投資など資産運用について興味がある方はこちら→ 投資ガイド
支出を減らしたり、得をする事に興味がある方はこちら→ 節約ガイド


サラリーマン徒然副業日記トップに戻る