サラリーマン徒然副業日記
〜アクセスアップ法の秘密〜

2004年5月5日 第十一回 「アクセスアップ法の秘密」
ホームページを使って副業をしていく場合、最も重要な事はアクセス数です。いかに良いサイトを作成しても、アクセスがなければ全く収益は生みません。

アクセスアップの秘訣という事ですが、私がサイト運営を行ってきた中でわかったいくつかの方法について公開していきます。

アクセスアップ法@:キーワードの厳選

アクセスはYahoo!などのディレクトリ検索エンジンではなく、Googleなどのロボット型の場合、ページ全ての単語がキーワードとなります。
その中でアクセスを勝ち取るには、検索エンジンで上位に表示される必要があります。できることでしたら、特定のキーワードで10位以内には入りたいところです。(普通の人は検索エンジンの1〜10件までの範囲のページをクリックする率が高いという調査結果がでています。)

じゃあ、どうやって上位表示するのか?ということが命題になりますよね。アクセスアップ法@は、「キーワードの厳選」としています。

その前に、ロボット型の検索エンジンはどのようにしてキーワードごとにランク付けをしているのか?ということを知る事が必要です。
基本は、

@たくさん使っている言葉
Aページの上の方にある言葉
Bタイトルに使用してある言葉
C一つのページでのキーワードは3個程度が限界

上の三つを重視します。理由はここでは割愛しますが、覚えておいてください。
ということは、できるだけ上位表示させたいキーワードは何度も繰り返し使い、ページの上のほうに持ってくることが大切という事になります。

例えば、Googleでは、「インターネット」「ネット」は全く別の言葉として認識しています。

つまり、一つのページに「インターネット」「ネット」という言葉を同じ意味で使ってしまうと、「ネット」という意味のキーワード出現率が下がってしまいます。こうなるのは、損ですよね。
ということで、できるだけ、同じ意味の言葉は統一しましょう。

ということは、無意味にキーワードを羅列すればよいのか?ということになりますが、そこは敵もさるもの、対策を立てています。無意味にキーワードを羅列していたり、復唱が過ぎる場合は「検索エンジンスパム」として、そのページにおける重要性を引き下げてしまいます。また、ヒドイ場合にはインデックスから削除(検索結果として表示すらされない。)という可能性もあります。

じゃあ、どんなのが検索エンジンスパムになるのかというと、
「アクセスアップならアクセスアップの専門サイト」
というサイトがあるとします。
この場合、「アクセスアップ」という単語を意味も無く二つ重ねています。「アクセスアップ専門サイト」という表示で十分にも関わらず、復唱していることは検索エンジンスパムとみなされる可能性があります。

また、同一の文に同じ言葉を復唱するのも避けましょう。(例)「アクセスアップでお悩みの方はアクセスアップについて四六時中考え、アクセスアップの方法を考えています。」
という一つの文章に、「アクセスアップ」という言葉が、くどいほど出てきていますよね。こういうものもスパムとみなされる可能性があるので注意してください。


アクセスアップ法A:相互リンク

案外バカにしている方が多いですが、相互リンクはアクセスアップに有効な手段です。勿論リンクを介して訪問してくれるアクセスアップもありますが、それ以上に重要なのは「Googleページランク」です。
以前も紹介したかもしれませんが、Googleページランクは、他のホームページから沢山リンクされているサイトは良いホームページのハズだ。という判断で、被リンク数が多いホームページを重要なホームページだとします(実際には、リンクしてくれているホームページの質も考慮されます。)。つまり、相互リンクはページランクを上げるのに有効な手段の一つであり、ページランクが上がると、その分検索エンジンの検索結果も上位に表示されやすくなります。

ですから、相互リンクは重要なのです。ホームページを開設した当初は、積極的に相互リンクを申し込み、被リンク数を上げるということも重要です。結局そのことが検索エンジンからのアクセスアップにもつながります。
自分のホームページのページランクを知るには、「Googleツールバー」をダウンロードする事で表示されるようになります。


アクセスアップ法B:Yahoo!掲載

今の所日本において最大級のアクセスアップ効果を持つのがYahoo!Japanのディレクトリ掲載でしょう。その分難関であり、ちょっとやそっとのホームページでは掲載は非常に難しいのが現状です。
特に、既に飽和状態となっている分野のディレクトリに掲載されるのは相当のレベルでなければ難しいです。逆に、まだまだ掲載ホームページ数が少ないディレクトリでは掲載の可能性が高いとも言えます。

最近では、「ビジネスエクスプレス」という有料のホームページ審査サービスも行っており、こちらは5万円程度の審査料金を支払えばサイトを確実にチェックしてもらえ、掲載不可の場合も、どこをどのように修正すればよいのかを教えてくれます。更に、一ヶ月以内でしたら再審査も行ってくれます。掲載確率は非常に高いので、オススメできます。ただし、自宅の住所や氏名をホームページ上に記載しなくてはなりません。
5万円という金額が高いか安いかは皆様の判断次第ですが、掲載されるディレクトリ次第では一日数千程度のアクセスを見込めるものもあるので、Yahoo!のアクセスアップ効果は非常に高い水準にあるといえるでしょう。



 

マネーナビ サイトマップ!
〜目的別に情報を探したい方は以下のカテゴリから!〜  マネーナビトップページに戻る
サラリーマンでも副収入が欲しいというはこちら→ 副業ガイド
株式投資など資産運用について興味がある方はこちら→ 投資ガイド
支出を減らしたり、得をする事に興味がある方はこちら→ 節約ガイド


サラリーマン徒然副業日記トップに戻る