サラリーマン徒然副業日記
〜2004年4月期〜

2004年4月の日記内容
2004年4月の副業日記のタイトルです。タイトルをクリックすると、その日記の部分にまで、ジャンプします。普通にスクロールすれば、全部読めます。

27日 稼ぐサイトを作る為の長期的視点
25日 集客コンテンツと広告収益の相関性
24日 ネット副業と検索エンジン
23日 アフィリエイトの副業活用
22日 情報ビジネスとしての副業
21日 サラリーマン ネット副業のスタイル
19日 ネット副業について〜ガイダンス〜


2004年4月27日 第七回 「稼ぐサイトを作る為の長期的視点」

こうやってホームページを作って副業を・・・。って考えると、どうしても疲れてしまいます。例えば、毎日仕事が終わってから、こうやってパソコンに向かって文章を打ったり、次のコンテンツを作成したりとやりたいことが様々です。

ホームページを使っての副業の場合、あんまり根詰めてやらないほうがいいと思います。一日大体1時間程度を割いて作成の法に取り掛かることが賢明です。そうしてどうしても疲れたときは一切やらない。という日を作ることもいいでしょう。
(サラリーマンの場合、飲み会などで一日潰れてしまうことがありますが、そういう時も無理してやってはいけません。)
こういうウェブサイトの場合は、継続こそが力となります。素晴らしい内容のサイトを作っても、それが実際に検索エンジンに反映されるまで1ヶ月以上かかりますし、Googleのページランクなどとなると、さらに多くの時間を要します。

つまり、ホームページを作って副業は、作成から結果反映まで相当の時間がかかるわけでして、効果は顕著にあらわれません。大幅な時間を割いて、ホームページを作ったはいいものの結果がでないから、すぐに辞めてしまう。

ネットサーフィンをしていると、勿体ないな〜。と思う事が多々あります。効果はすぐに表れないかもしれません。ですが、継続する事で、私くらいは稼ぐ事ができるようになるのではないでしょうか?

私は何も特別なスキルがあるわけではありません。
断言します。ごく普通の文章能力、やる気、継続性、この三つが揃えば、ホームページで月に数十万円程度の稼ぎを得る事は可能です。



(付け加え)

アフィリエイトで儲けるということが、先日の日経新聞で紹介されておりました。


2004年4月25日 第六回 「集客コンテンツと広告収益の相関性」
土日は有効に活用しましょう。このことがサラリーマン副業で成功する為のコツの一つでしょう。折角の土日、ゆっくりとするのは大変良い事なのですが、大規模な更新などを行えるのも土日です。
そのためにも、平日浮かんだアイデアなどはメモしておくなどして、土日の更新に備えましょう。


さて、昨日指摘したように、本日は検索エンジンと集客コンテンツについて考えていきます。

例えば、あなたがAという商材について知ってもらいたいとします。さらに、しかし、世間一般にはAという商材は知られていないと仮定します。

知られていないものは、検索エンジンにおいて検索の対象外です。つまり、検索エンジンに引っかかりません。ということはアクセス数も伸びず、知ってもらえればこんなにイイ商品なのに・・・。と思ってしまいます。

そこで、重要なのは、集客コンテンツの作成です。これは、私独自の考え方なのですけれど、
一般化されていない情報は、一般化されており、かつ本内容と相関性の高い内容のコンテンツを作成する事で収益は増加するというものです。

どういうことでしょうか?

まず、あなたが仮に、激安パソコンを販売しているサイト「パソコンネット(仮名)」という会社を紹介したいとしているとします。そこで、ホームページにに「激安パソコンネット」というコンテンツを作ったとしましょう。
これで、売り上げは発生するのか?と言われると、???です。
なぜなら、パソコンネットという会社はまだまだ一般の認知度は低いからです。

では、一般化されており、かつ相関性が高いコンテンツってなんでしょう。少し考えればわかると思いますが、パソコン関係のコンテンツでしょうね。
それでは、もう少し具体化していきましょう。、

@「パソコン基本操作ガイド」
検索件数500

A「パソコン購入に関する100疑問」
検索件数100

B「パソコンを激安価格で購入するテクニック」
検索件数50

以上が所与の条件として与えられているとします。下の検索件数とは、上に書いてあるコンテンツ作成した場合に見込まれるアクセス数だと思ってください。

あなたは、どのコンテンツを優先的に作りますか?

厳密な答えはわかりませんが、相関性というものでは、B>A>@となっています。あなたのホームページで収益を生む部分はここでは、「激安パソコンの販売」なのです。
@を訪問した人はパソコンの基本操作を知りたい方ですので、パソコン購入にはあまり関心はないでしょう。

Aを訪問した人は、パソコンの購入には多少前向きでしょうが、疑問点を調べているに過ぎないという可能性が高く、実際に購入にまで結びつくかは未知数です。

Bの場合は、できるだけパソコンを安く買いたい!と考えている方が多いでしょうから、実際にバナー広告をクリックしてくれる可能性も成約にまで結びつく可能性もかなり高いと考えられます。


このように、コンテンツの内容を作成する際も、
訪問者が求める情報≒収益を生み出す広告
となるように心がけて作成すると、効果は大きくなります。


2004年4月24日 第五回 「ネット副業と検索エンジン」
今回はこれまでとは、一転して、ネット副業におけるテクニックについて少し語っていきます。

検索エンジン対策というと、サイト構成の方法などについて考える方が多いかもしれませんが、実はそれだけではありません。例えば、「本」を販売するホームページを作って、本を販売するネット副業を始めるとしましょう。

一般的に訪問者の方は、検索エンジンを利用します。SEOなどを利用して上位表示する事も大切なのですが、問題はキーワードの適切性だけでなく、競合です。
(SEO=検索エンジン最適化 については、「アクセスアップ考察」の中にあるホームページ登録.comなどを読んでみてください。)

先ほどの本を販売するサイトでしたら、検索エンジン上位表示には、「アマゾン」や「楽天ブックス」などが当然のように入ってきます。個人のホームページでは、これらの大手商業サイトに検索エンジンで勝つ事は難しいでしょう。

では、どうすればよいのでしょうか?

例えば、人気書籍の○○を販売しようと考えた場合、この本を購入しようと考える訪問者の気持ちになってキーワードを考える事が大切です。

最も多いのは「○○」と本の名前だけで検索する訪問者でしょう。ですが、このキーワードでは、間違いなくアマゾンが上位に表示され、訪問者は直接アマゾンに行ってしまうでしょう。ポイントは、あなたのホームページを通じてアマゾンで購入してもらう事です。

具体的な例を用いましょう。「蹴りたい背中」というキーワードでは、アマゾンが一位表示です。ですが、「蹴りたい背中 あらすじ 批評」では、個人ホームページが10位以内にちらほら入ってきます。

確かに、この検索ワードを検索エンジンで打ち込む方は少ないかもしれません(「蹴りたい背中」だけの場合と比較して)
ですが、明らかにあなたのホームページに飛んできてくれる訪問者の訪問率は高くなります。

このように、ホームページを作成していく中で、キーワードについても徹底的に考える事が大切です。





次回は、検索エンジンと集客コンテンツについて考えていく事にします。


2004年4月23日 第四回 「アフィリエイトの副業活用」
副業ガイド」において、紹介した副業として、私はアフィリエイトサイトを利用したネット副業が最も簡単かつ稼げると考えています。
今回の副業日記では、アフィリエイトサイトのメリットだけでなく、その効果的な掲載方法についても紹介していきます。

アフィリエイトサイトは例えば、A8ネットやバリューコマースといったサイトが有名どころですね。アフィリエイトサイトを利用した副業のメリットといえば、
@ノーリスク
A煩雑な営業活動や交渉が不要
B多くの企業と提携ができる
といったところでしょうか。

@のノーリスクということは、たとえ、ホームページを通じた商品販売サイトであっても、商品自体を販売するのは、リンク先の企業ですので、私達自身が在庫を持つ必要がないことでしょう。
Aの営業活動にしても、タイアップしたい企業があっても個人で進めることが面倒かつ難しい営業・管理(報酬はいくらなのか?成果はどうやって把握するのか?)が不要ということでしょう。営業や管理はアフィリエイト会社に任せていれば問題ありません。(アフィリエイトサイトについては、「お勧めアフィリエイトプログラム」をご覧下さい。)
Bの多くの企業と提携ができるとは、Aとも関連しますが、自分が運営するホームページのジャンルに合わせて掲載する事ができる企業の絶対数が多くなる事です。
例えば、車について紹介するサイトを作成した場合でも、トヨタしか広告を掲載できない場合と、トヨタ、ホンダ、日産、DM、フォード、メルセデス、BMWが掲載できる場合では、ホームページの構成からして違ってくるでしょう。

A,トヨタしか掲載できない場合、
副業として収益を第一に考えた場合、ホームページの内容はトヨタの紹介ホームページに終わってしまいます。それなら、訪問者は直接トヨタのホームページに行った方が情報量一つをとってもよいですよね。

B,複数自動車会社を掲載できる場合、
例えば、トヨタとホンダの比較などができます。消費者の視点に立った比較のポイントなどについて、新しい切り口から批評等を加えていけばオリジナルの情報発信現になれます。その分関心も引きやすく効果的な広告収入が期待できます。

ネット副業におけるアフィリエイトで大切なのは、オリジナルな情報発信源であるということです。比較以外にも方法は沢山あると思います。ぜひ、試行錯誤しオリジナルな情報発信源としての効果的方法を考えてみてください。そして、もし思い浮かんだ場合は、是非、私にも教えてくださいね。有益な情報はお互いにシェアしていきましょう。


2004年4月22日 第三回 「情報ビジネスとしての副業」
 サラリーマンを続けながら月収30万円の副業収入を得る方法を教えます。

この情報に対して、あなたは一体いくらの対価を支払いますか?現在、私はウェブサイトの運営でサラリーマンを続けながら月収30万円の副業を毎月稼いでいます。30万円という金額は、私がもう一人居て、私の為に稼いでくれているようなものです。

しかし、ウェブサイトの運営はすごく簡単。というものではありません。そのための情報収集をしなくてはなりませんし、こうやって文章を打っている間も時間を費やしています。楽して稼げるものではありません。
しかし、毎日1時間の時間をこうやってウェブサイト運営に利用する事で、毎月30万円程度の所得を得ています。このことは非常に大きいことでしょうし、将来の経済的自由獲得に役立っていると思います。


話がそれましたが、このような方法について有料で教えてもらえるとしたらあなたは幾ら対価として支払うでしょうか?
この考えがインターネット上の情報ビジネスなのです。訪問者の方に対して有益な情報を提供し、その対価として手数料・情報料などを頂く。これは健全なビジネスでしょう。

※当サイトでは、サラリーマンが月収30万円稼ぐ方法、ノウハウについては訪問者の方からお金を取ろうとは考えていません。完全無料ですべて公開していきます。ご安心下さい(笑)
当サイトにおける基本的なビジネスモデルについては「副業ガイド サラリーマンでもできるネット副業」をごらんいただければわかると思います。


2004年4月21日 第二回 「サラリーマンネット副業のスタイル」
さて、このページをお読みの方は、なんらかの形で副業をしたい。と考えていらっしゃる方が大半だと思います。

副業には私は二つのスタイルがあると思います。
@完全に副収入を得る事を目的としたもの。つまり、本業と副業を完全に分離した考え。
A将来的に独立する為のノウハウを獲得する為、スキルを身につけるのもの。つまり、現在の副業を将来の本業として捉える考え方。

今回はAのケースについて考えていきます。


私は、ネット副業のメリットの一つとして、「自分自身がメディアとなれる。」という事が挙げられると思います。
例えば私が本サイトの中で、イラク戦争について熱く語ったとしましょう。その文章を見る人が多い少ないは別として、私の主張は、インターネットという世界中からアクセスできる環境に晒される事になります。



このことを上手に活用すれば将来の独立の布石とすることは十分に可能です。
週末起業という概念を確立した「藤井 孝一」氏は、サラリーマンとして働く中で経営戦略についてのメルマガを発行し、それを通じて雑誌等で紹介され、その後の企業時に経営コンサルタントとして、最初からお客さんを作ることを可能にしました。(一般に経営コンサルタントなどは、いきなりハイ独立しました。でお客さんが付く事はありえません。そのため、独立時には大きなリスクを負います。)


この例だけでなく、サラリーマンが独立を目指す際に、まずは週末などの休みの日に副業をすることは、将来の布石として有効だと考えます。


ただし、サラリーマンとして働く中で業務上知りえた事実などを公開し、所得を得る行為は禁止されていますので、法には決して触れないようにご注意を。


2004年4月19日 第一回 「ガイダンス&副業について」
記念すべき第一回の日記となります。これまで、日記は作っていなかったのですが、ちょっとチャレンジしてみようと思います。三日坊主で終わらないようにはしたいです。
内容は日記というより、投資や副業についてのアドバイスを中心に進めていきたいと思います。


さて、本サイトにおいては、副業と投資、節約をメインに扱っていますが、検索ワードなどから判別するに、副業や株式投資に興味をお持ちの方が多いようです。第一回は、副業について書いていきます。


副業というと、なんだか、平日は仕事して土日にバイトすんの?ってお思いの方が意外と多いようです。それはいけません。平日は仕事をし、土日も仕事では、体が持ちません。折角の土日はしっかりと休養しましょう♪

副業を長続きさせるコツは、楽しみながらやることです。できることなら趣味を副業にまで昇華させることを考えましょう。幸い、ネット環境の発達は個人をマスメディア化させることさえできます。
情報を提供し、その対価としてお金を頂く。こんなビジネスモデルも十分に考えられます。

例えば、釣りが好きな方はいらっしゃるでしょう。そういう方でしたら、釣りに関する情報交換のサイトを作成して、その片隅にでも釣具関係のバナー広告でも載せれば、アクセス数にもよりますが、いくらかの収入を得る事ができます。
本格的に数万〜数十万の収入を得る事を目的にするのでしたら、良質の情報を乗せる必要がありますが(つまり自分で色々と情報収集をしたりする)釣りが趣味でしたら、それはあまり苦にはならないでしょう。
情報量やアクセス数によっては数十万円の収入を得る事もできます。

ちなみに、私もこのインターネット環境の中で、仕事(一般的にかなり忙しいと言われる業界&職種)をしていますが、その中で合間を縫ってウェブサイトオーナーとして月収30〜40万円を稼いでいます。



この具体的ノウハウについては、次回以降の更新で少しづつ公開していきたいと思います。


マネーナビ サイトマップ!
〜目的別に情報を探したい方は以下のカテゴリから!〜  マネーナビトップページに戻る
サラリーマンでも副収入が欲しいというはこちら→ 副業ガイド
株式投資など資産運用について興味がある方はこちら→ 投資ガイド
支出を減らしたり、得をする事に興味がある方はこちら→ 節約ガイド


サラリーマン徒然副業日記トップに戻る