おすすめネットバンク
おすすめ証券会社
ソニー銀行
積立預金や定期預金など、これから貯金を始めるのに最適な銀行。セブン銀行ATMの手数料無料
マネックス証券
投資初心者におすすめ!貸株、投資情報ツールなどのサービスも魅力的。投信や外国株も○

静岡銀行インターネット支店。年0.25%(1年満期)の定期預金。今なら口座開設だけでもれなく1000円プレゼント

厳選証券会社ランキング ベスト3(根拠・詳細については「ランキングページ」)
マネックス証券 資産管理ツールが魅力。投資初心者にもお勧めのネット証券
SBI証券 総合ネット証券として優れる。投資信託への投資などにもオススメ
ライブスター証券 口座開設から2ヶ月間は取引手数料無料。コスト重視の方にお勧め

マネックス証券-中長期投資家に人気。総合力が高い-

マネックス証券の特徴は、株式投資の初心者〜上級者までが十分に活用できる証券会社となっています。取引商品やサービスについても他のネット証券と同水準以上のラインナップをそろえており、手数料も比較的割安となっています。

投資商品も株式・信用取引・投資信託・FX・貸株サービスなど豊富で、証券会社選びに迷ったらマネックス証券を利用すれば間違いありません。

また、マネックス証券では「Monex Vision(β)」という資産管理ツールも提供しています。これは複数金融機関の資産状況の管理から、自身のポートフォリオ状況の確認やリスク管理にまで使える優れモノです。

これだけでも利用価値のある証券会社といえます。

総合口座開設+各種お取引+NISA口座開設で最大51,000円プレゼント

 

マネックス証券の概要・評価

マネックス証券は、投資初心者から上級者までが、十分に利用できる証券会社となっています。投資商品や投資情報についても充実しており、自動更新の株価ボードの提供やアナリストレポートなどが無料で利用できます。

外国株(米国株)の取扱数量はネット証券でも最多で、外国株取引の手数料はネット証券の中でも最安値です。

マネックス証券の手数料体系については、一約定ごとに手数料が必要になるタイプと、定額制の二種類があり、長期投資家もデイトレーダーの方も両方利用できる手数料体系となっています。

取扱い金融商品については、現物株式から外国株、信用取引、FX(外国為替証拠金)、商品まで幅広く取り扱っております。 特に外国株についてはネット証券の中でも最高水準のスペックとなっています(参考:米国株取引におすすめの証券会社)。

さらに、非常に多彩な注文方法が利用できる点があり、逆指値やツイン指値など大きな相場変動時にも対応できる仕組みが備わっています。また、情報コンテンツも充実しており、相場概況メールやMarket-cafeでの投資情報収集などが簡単に行えるようになっています。

ユニークなツールとして「スクリーニングツール」における「新連想検索」のように投資銘柄探しなども行いやすいです。

初心者から中上級者まで幅広く活用できるネット証券と評価しています。

マネックス証券
マネックス証券公式ホームページ

 

マネックス証券の手数料体系

下記表示の手数料は「税抜手数料」となっております。下記に消費税が加算された金額が支払い手数料となります。

都度手数料
〜50万円
〜100万円
〜150万円
150万円〜

現物取引

450円
成行注文:注文約定金額の0.1%
指値注文:注文約定金額の0.15%

信用取引

定額手数料
〜100万円
〜200万円
〜400万円
〜600万円

現物取引

2,500円
2,500円
5,000円
5,000円

信用取引

口座維持手数料

無料

振込手数料

無料

引出手数料

無料

手数料備考
マネックス証券は、PC注文と携帯注文によって手数料体系が異なります。また、注文時の指値、成行の違いによっても手数料の差があるケースがあります。上記手数料テーブルはPC注文&成行注文を出した場合の手数料を表示しております。なお、税別価格で表示しております。

なお、上記手数料は手数料調査日:2014年4月1日時点の水準となっております。
手数料については、各証券会社において改定等の対応が行われている場合がありますので、最新の情報は公式ホームページ等で必ずご確認いただきますようお願いいたします。

 

マネックス証券の評価・使い勝手

お勧め度:★★★★★

マネックス証券は、通常の株取引は当たり前で貸株サービスなど新しい取り組みにも積極的な証券会社です。貸株サービスでは保有する現物株式をマネックス証券に貸し出すことで金利(利息)を受け取ることができるサービスで、配当金や株主優待とは別に株式を運用することができます。

(現在貸株サービスを個人投資家向けに提供しているのはマネックス証券の他には「カブドットコム証券」「SBI証券」の3社だけとなっています)

また、マネックス証券のサイト内にあるMarket-cafeでは、勉強会やセミナー情報、投資のヒントをはじめとするさまざまなコンテンツが用意されている。他にも、その日の相場動向を夕方にメール配信してくれる「マネックス・メール」、米国市場の動きをいち早く知らせてくれる「マーケット朝一番!」などの各種情報通知サービス、JPモルガンによるアナリスト・レポートや株価自動更新のマーケットボードプロなども利用可能です。

このほかにも、個人向けの社債も多く取り扱っていますので、株はしたくないけど、債券投資はやってみたいという方にもマネックス証券はおすすめです。

 

マネックス証券独自のおすすめサービス

Monex Visionβ
マネックス証券が提供している資産管理ツールです。マネックス証券に預けている投資商品だけでなく、他社に預けている投資商品や預金なども含めて、あなたのポートフォリオ管理ができるツールです。

貸株サービス
マネックス証券では、貸し株サービスを行っています。貸株サービスとは保有している現物株式をマネックス証券に貸すことでその対価として年間で0.2〜1.0%の金利収入を得ることができるサービスです。株取引をしない人でも株券をマネックス証券に預けておくだけで収入を得ることができるという画期的なサービスです。

マネックス債
マネックス証券が販売する「マネックスグループ」の社債。短期間でかつ高利回りの債券として高い人気商品となっています。満期1年で金利は1%超(第24回・不定期)。購入するにはマネックス証券に口座を持つ必要があります。また、マネックス証券ではマネックス債以外の円建て、外貨建ての債券の取り扱いも豊富。

・マネックスポイント
マネックス証券では、取引に応じて「マネックスポイント」というポイントが貯まるようになっています。貯めたポイントはJALのマイレージ・ANAのマイレージ、セゾン永久不滅ポイントなどの提携ポイントに交換できるほか、マネックス証券における取引手数料に充当させることも可能です。 たとえば、株式の売買や投資信託の購入・保有でもポイントがたまります。
詳しくは「証券会社のポイント制度を徹底比較」のページで解説しています。

 

マネックス証券
マネックス証券公式ホームページ

 

株式投資に有利な証券会社を徹底比較

株式投資のパートナーである証券会社は自分の投資スタイルや目的にあった証券会社を選びましょう。

証券会社比較ランキング
資産運用に必須の証券会社。ネット証券を中心に役立つ証券会社を徹底比較・ランキング。

マネックス証券・・・(総合力が高い。各種金融サポートサービスも充実)
SBI証券・・・(ネット証券最大手。手数料、サービス、商品まで充実)
楽天証券・・・(トレードツールが秀逸。短期トレード主体の方におすすめ)

 

 

証券会社比較ランキング
人気の証券会社を手数料や取り扱い商品、サービスなどで徹底的に比較・ランキング

マネックス証券
投資初心者〜上級者まで幅広く使えるネット証券。
使い勝手も良く、サービス面も充実。
>>マネックス証券詳細

ライブスター証券
株式売買手数料業界最安水準のネット証券。口座開設から2カ月はすべての取引手数料が無料
>>ライブスター証券詳細

楽天証券
超割コースの開始で手数料引き下げ。信用取引のデイトレコース「いちにち信用取引」も開始。
>>楽天証券詳細情報

証券会社の選び方
証券会社手数料比較
証券会社サービス比較
証券会社取扱商品比較
目的別 おすすめ証券会社の選び方
証券会社一覧
投資ガイドカテゴリー
投資ガイド人気コンテンツ


当サイトについて
マネーナビ人気コンテンツ
お問い合わせ・運営情報
その他・リンク